知ってしまった日本の構造?

最近は気晴らしに新書ばかり読んでいる。
しかし読み進めると、これが結構深い。
笑ってスカッとしたり、心和んだりする事もあるが、多くは気晴らしになるどこ
ろか、腹が立ったり、モヤモヤしたまま本を閉じる事が多い。
それじゃぁダメだろうとも思うが、私たちが生きてる社会が所詮そんなものなん
だろう。その中で最もカリカリした新書。

『知ってはいけない 隠された日本支配の構造』矢部宏治

友人から貰ったんだが、題名がセンセーショナル過ぎて、暫く山積みしてた。
一読すると、政治的に偏ってて、更には陰謀論者っぽく感じてしまったが、
じっくり読み返すとそうでもない。淡々と事実を暴いてくれる本だった。

例えば、「日本の空はアメリカに支配されている」という説。
「横田空域」と「岩国空域」という米軍が管理する空域があるそうだ。
(数年前までは沖縄に「嘉手納空域」があったが、名目上は無くなったそうだ)
横田空域は東京の西部地域を覆っており(高度7000m)、日本の航空機は特別
な許可無く飛べないという。確かに、石見から羽田に向かう時、都心上空を避け
るように東京湾を大きく迂回して、何故か房総半島から羽田へ向かうという変な
ルートを飛ぶので疑問に感じていた。これは都心部の騒音対策とかでなく、横田
空域の影響だった。同様に、岩国空域は島根県から愛媛まで広範囲に設定されて
いて、何らかの制約を受けているようだ(本書ではそこまで言及されてない)。

また、沖縄普天間周辺市街地での米軍機による低空飛行が問題視されているが、
米軍住宅の上では低空飛行をしないそうだ。何故かと言うと、アメリカ国内法に
より危険飛行を禁止していて、米軍住宅はそれに適用されるからだとか。
それならば、日本にも最低高度や飛行禁止区域などを定めた『航空法』があるの
だが、米軍機はその特例として“適用外”になるという。つまり日本では危険飛行
など実質無視されているに等しい。ちょっとおかしな話だ。

そこから更に変な話が出てきた。日本には環境汚染を防止するための法律がある
のだが、何故か、何故か!放射性物質汚染だけはこれまた“適用外”になるという。

○大気汚染防止法第27条 この法律の規定は、放射性物質による大気の汚染及び
その防止については適用しない
○土壌汚染対策法第2条 この法律において「特定有害物質」とは、…中略…その
他の物質(放射性物質を除く)
○水質汚濁防止法第23条 この法律の規定は、放射性物質による水質の汚濁及び
その防止については、適用しない

つまり、福島原発事故に関して、国として環境汚染を認めて無い事になる…。
同様に、アメリカの対日政策に関して、国として知らぬふりをしている…。
そう疑われも仕方がない。
どんな穿った見方をしようが、原発政策と対米政策は同じ根っこだ。
こんな有様で復興とか言って、オリンピック開催を素直に喜べるのか?

久しぶりに本で腹が立った!
が、この1冊の新書だけで全てを信じ込まないのが私の性格。
これから少し調べて、更に深堀りしてみたいと思う。
 

[PR]
# by ut9atbun61 | 2018-07-17 23:02 | | Comments(0)

たまたま通信7月号

たまたま通信7月号。
毎年この時期には大雨に悩まされている。今年はもう要らないよ、台風さんよ。風と共に去りな!

f0237818_21272613.jpg

[PR]
# by ut9atbun61 | 2018-07-03 21:51 | たまたま通信(養鶏) | Comments(0)

人は何のために落ち葉を集めるのか

今日、息子たちを連れて落ち葉集めに出掛けた。用途は勿論畑の土作り。
日原に抜ける、山沿い“険道”の脇に埋もれる落ち葉を大量採取。
車なんぞは滅多に通らないから、2tトラックは横付け。
しかしそんな時に限って車の音。目をやるとクラウン系パトカーが向かってくる。
交わせるように慌ててトラックを移動して、やり過ごす。
長年の習性か(?)思わず身構える。そして手を止め、じっと見つめる。
パトカーはゆっくりと通り過ぎる。
窓越しのお巡りは会釈笑顔で通り過ぎる。中で2人で会話している様子。
「親子で落ち葉集めなんて随分昔の光景じゃないか、微笑ましいねぇ。」
おそらくそんなところだろう。子供2人を連れていれば…。

昨年末の落ち葉集めも、確かこの辺りだったが、少し違っていた。
一人で黙々と集めていると、「こんにちは!」と突然話しかけられた。
集中していて全く車に気が付かなかったらしい。顔を上げると、ミニパトに乗っ
た若いお巡り。笑顔でありながらも目は笑っていない。
「何をされているのですか?」
「何をって…ただ落ち葉を集めているだけですが。」
警戒感を持たれないように、こちらも負けずと作り笑い。
「地元の方ですか?」「いや、この近くだけど地元じゃないです。」
「お住まいはどこになります?」「この山を越えた木部ってところですよ。」
「何のために落ち葉を集めているのですか?」
オイオイ、落ち葉で爆弾作れるかっての!、ちょっとふざけてやろうか。
そう思ったが、お巡りは身を乗り出して、車から降りてきそうな勢いだ。
呆れながらも一応きちんと答える。
「何のためにって言われても…、これを畑に撒くんですよ。肥料になるんでね!」
「あ、そうなんですか……、…失礼しました…。」
随分腑に落ちないといった態で、名残惜しそうに(笑)去って行った。
こっちこそ、こんなすっきりしない職質は生まれて初めての経験だ。
やはり落ち葉集めは子供を使うに限る、つくづく感じさせられた一日だった。

[PR]
# by ut9atbun61 | 2018-06-17 22:21 | 田舎 | Comments(0)

たまたま通信6月号

卵稼業は相変わらずの自転車操業。それは“お金”ではなく“卵供給量”の事。
今日は誰々さんにお断りを、明日は誰々ちゃんを少し減らそうとか…。
今年は新しい小屋を建てて鳥を増やすぞと意気込んでいるが、どうなることやら。
f0237818_22011450.jpg

[PR]
# by ut9atbun61 | 2018-06-11 22:01 | たまたま通信(養鶏) | Comments(0)

稀なるマニアな携帯ばなし

人が携帯を持つ理由というのは色々ある。
私が持った理由というのは少し変わっているかもしれない。

一昨日種屋に行った。
先客は男子高校生とおぼしき人物。苗ものを物色中。
「若いのに野菜作りなんて感心だな~」
と軽く思う程度で、自分の買い物に専念。
お目当ての種をゲットし、レジに向かおうとした時、私のメール着信音が鳴った。
静かな店内に響き渡る、私に似ても似つかぬオルゴール音。
余談であるが、私は音量調節がよく分からず、いつもMax状態になっているため、
人前ではなるべくバイブ設定というのにしている。しかしその時はうっかり…。
はっとなり、手で押さえたものの、何のフォローにもならぬ。
案の定、レジにいた店員と先ほどの高校生がはっとなる。すると、意外にも高校
生が店員に向かって言った。
「え、今の国鉄時代に使われていた“ハイケンスの何とか”というやつですよね!」
店員は、はぁ?という怪訝な顔をした。そして2人は同時に音のした方に顔を向け
る。その視線の先には私がいる…。もう黙ってはいられないね。
「ああ、そうだよ。よく分かったね。…」
と続けて言おうとしたら、今度は電話の着信音である“鉄道唱歌”が鳴った!
私は“ゴッパーサン(583系)”の青い車体が描かれたスマホを取り出して耳へ。
高校生が目を輝かしたのは言うまでもない。

私が携帯を持つ理由はこれである。

※ハイケンスのセレナーデとは、クラッシック名曲で鉄道の車内チャイムの定番。
鉄道唱歌も、車内チャイムの大定番。これらを着信音にする事で、少しでも汽車旅
の気分を味わおうと携帯を持った訳。あと、東京で鉄道スマホカバーというのを見
つけて、そのケース欲しさに“仕方なく”スマホを手に入れた次第である。
<iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/Aas5Txup77c" frameborder="0" allow="autoplay; encrypted-media" allowfullscreen></iframe>

[PR]
# by ut9atbun61 | 2018-05-22 22:40 | 鉄道 | Comments(0)