人気ブログランキング |

<   2019年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

お笑いパン

人を笑顔にする食べ物というのはよくある。
しかし、吹き出してしまうほど笑わせてくれるパンはそうそうない。

今日、納屋の入口にパンが置いてあった。おそらくおやつであろう。
『ブランのスイートチョコ蒸しケーキ』ナチュラルローソン製とある。
f0237818_22474580.jpg
確かローソンはハイクオリティブランド商品を売りにしていたっけ?
「なるほど。普段から私がチクチク言うから、無添加っぽいおやつを
チョイスしてくれたって訳か。ほら、ちゃんと"人工甘味料不使用"と
書いてあるし、おまけに糖質9.1g、ロカボを謳っている。やっぱり
時代が変わって来たんだな」なんて鼻歌交じりで勢いよく袋を破る。
濃厚なチョコの香りが鼻をくすぐり、早速口へ運ぶ。
しっとりした食感に優しい味わい。「流石はナチュラルローソン…」
と何気なく袋裏面に目が行く。えっ?下枠の半分以上の大量の原材料名。
しかも怪しげな名前が並ぶ、イソマルトデキストリン、グリセリンエス
テル、グリシン、ラカンカ(羅漢果ではない)。またちょっとヤバめの
お馴染み添加物、異性化液糖、加工デンプン、ソルビット、酢酸Na。
そして謳い文句"人工じゃないよ、天然だよ"甘味料ステビア入り!
では肝心のブランふすまとベルギーチョコは?というと、随分下位に入
っているではないか(原材料名の順位は入っている分量順だとか)。
途中から可笑しくなり過ぎて、更には蒸しパンの水分奪取と相まって、
喉に詰まらせ、危うく死ぬかと思った!
こんな芸当が出来るパン屋さんはこの世に一つしかないはず!
一番下の製造者を見ると……やっぱり、世界のパンだ‼
今日はおいしい面白いパンをごちそう様でした。



by ut9atbun61 | 2019-05-30 22:52 | 田舎 | Comments(0)

招かざる客

一昨日、久々の雨でホッと一息。横田のギブミーベジタブルに遊びに行く。
入場料を野菜で支払って、その野菜を料理人たちが美味しい料理に仕上
げて提供してくれるという素敵なイベント

そこで見かけたのが"ハンドマッサージ"。
齢40過ぎてから疲れやすくなったのか、最近マッサージに惹かれる様になった。
家でも子供達に10分100円というレートで足つぼマッサージをお願いしていた
のだが、ここんとこ社会情勢の煽りを受けて、200円、300円と高騰していき、
とうとう「お金も要らないからしたくない!」と言われ出したところだった。
そんな事情もあり、優しそうなお姉さんに、手のツボを押してもらおうと思い、
いそいそとブースへ。結構な人気で客足が絶えず、しばらく待ってからだ。
「では次の方どうぞ」と椅子を勧められる。聞くとツボ押しではなくエステ?
ちょっと違うなと怯みつつ、お姉さんに「男性の方もいらっしゃいますよ。」
と言われ、ひとまず腰を下ろす。まず、酸素マスクのようなものを装着させら
れる。何でも水素か何かでリラックス効果があるという。未だ口の中で主張す
る野菜餃子のニラ臭をも優しく包み込んでくれるだろうか?
ひたすら吸って吐き、吸って吐く。次の人の事なんか考えてない…。
「では始めます。」と笑顔を前にして、私は一応お断りを入れる。
「あのー、さっきまで農作業してたもんで、手が汚いんですが、いいですか?」
普段から手を殆ど洗わないよ、なんて言えないから"さっきまで"を強調。
「大丈夫ですよ、初めに綺麗に拭きますから。」
滅菌室(?)から、綺麗な手拭きタオルを取り出し、私の手を丁寧に拭き始めた。
すぐに純白のタオルがチョコに染まっていく。流石の私もあっ、と声を漏らす。
彼女は顔色一つ変えず、「大丈夫です。」と言う(本当かな?)。
手拭きで6割ほど汚れが落ちた。まだ手のシワの溝にはくっきりとした汚れが…
それからいい匂いのハンドオイル(?)を塗っていく。手際よく、手全体をしごく
ようにマッサージをしてくれるのだが、申し訳ない。私は普段から、堅木のツボ
押しでグリグリとこねくり回しているから、全く効いた感じがしない。
10分程手をいじってもらい、「終わりましたよ。」
「有難う、汚すだけ汚してすみませんでしたね、」「いえいえ、またどうぞ!」
嫌な顔一つせず、汚れ百姓の相手をしてくれて感謝感謝。ブースを後にした。
改めて、いい匂いのするベタベタした掌を開いてみる。見事、汚れが全て落ちて
綺麗になっていた!
後で次男から、「お父さんの手いい匂いでキレイ。」と言われた。
普段の手を知っている者の魂の叫び、エステシャンに届いたかな?


by ut9atbun61 | 2019-05-19 22:54 | 田舎 | Comments(0)

公明さんを偲んで

今朝農作業の休憩中、師匠が突然、「おい、松岡公明が死んだぞ」と声を発し
た。初めは何のことやら分からなかったが、すぐにあのおっさんの顔が浮かん
できた。嘘だろ!まだおっさんより一周り若かったはず。聞けば山の事故とか。
確か山が好き、たき火が好き、と大好きな酒の席で熱く語っていたことが甦る。
しかも事故は白神山地、私が春の旅で五能線から見上げた山だ…。
公明さんとは師匠を通じて5,6回しかお会いしなかったが、とても強烈な印象
があったのでここに記しておきたい。
初めにお会いしたのはおくがの事務所。当然、夜の宴会だ。
東八郎に似たギャグの寒い剽軽なおっさんやな、と思ったらJAのお偉いさんだ
というのでちょっと萎縮。すると本人は、
「海ちゃん、そんな畏まるなよ、酔っ払えばただの下品なおっちゃんだから。」
と涼しい顔。全然威張るところがなく、更には出身が肥後熊本で同郷九州人と
いう訳で話が盛り上がった。なかでも野糞に関してはうるさくて、私が軽々し
く語ると、「甘い!」と一喝されてご指南を受けた。その時は相当量のビール
焼酎を呑んでいたようだが、頭は冴え冴え。
またある時、師匠が「海、すまんが明後日武生に行ってくれんか?」
聞くと、師匠が講演のダブルブッキングをしたという。それで福井の武生での
講演会は、宇根豊さんと松岡公明さんと一緒だから何とかなるからお前が行け
と言う。「冗談じゃない!」と断ったものの、翌々日は鉄の誘惑に負けて、
サンダーバード雷鳥に乗っていた。
宇根さんは基調講演、その後、公明さんと私と大学教授(?)でのパネルディ
スカッション。私は何の事を喋ればいいか分からなかったので、全て公明さん
が振ってくれて、いじられて、笑いをとって、訳わからないまま終わった(そ
れで謝礼をもらって嬉しいような、悪いような…)。
夜は武生の老舗旅館に泊まって、地元の方々と飲み、更に公明さんと相部屋で
少し飲んだ。その時は農業から政治の話と色々レクチャーを受けて、この方は
とても"土と人"を愛している人だな、と感じた。
公明さんもとても機嫌良く酔ったようで、
「海ちゃん、わしは横になったらすぐ寝てイビキがうるさいから早く寝ろよ。」
そう言うや否や、布団に潜り込んで本当に寝てしまった。
翌日、眠くて仕方無かったのはご愛敬。
それから2度ほど、何かの会でお会いしたが、相変わらずの態度で接してくれ
とても嬉しかった。
ありきたりの言葉であるが、残念という以外ない。

師匠と少し公明さんの思い出話をした後、一言。
「東京でわしが飲もうといって、ほかの奴らは皆用事があるといっても、公明
だけは"よし分かった飲もう"と言ってくれたんじゃが。はぁ、なしてわしより
先に逝ってしまったろうか。」
今日一日心なしか寂しそうだった。




by ut9atbun61 | 2019-05-11 22:53 | Comments(0)

歯磨きいまむかし

今日、テレビで歯の健康についてやっていた。結論からいうと、フッ素が一番効果
的だとか。歯質を強くして、虫歯になりにくくなり、初期虫歯にも有効と大絶賛。
ネットで検索しても、フッ素は安全で素晴らしいの雨あられ。(但しライオンさん
が語ってると、商売っ気プンプンでうさん臭く感じてしまうけど)
フッ素の毒性に対しても、自然界に元々あるもので人間だって普段の生活で少なか
らず取り込んでいるそうだ。なのでそれほどの毒性は心配しなくていい
とか。
これには多少の違和感を覚えつつも、今晩じっくり冷静に考えてみた。

というのも、実は明日、学校でフッ素塗布がある。我が家は毎回当然の事として辞
退している。では、その根拠は何か? と聞かれたらちょっと口ごもってしまう。
科学的根拠は無い。ただ単に、イヤなものはイヤ、ダメなもんはダメ!そう言いた
いところだが、過剰摂取は毒性ありだとか、フッ素症(無気力)になる恐れありな
んていう断片的な知識も一応仕入れている。
眉唾ものかもしれないが、こんな意見もある。


「古くはアメリカでアルミニウム産業の産業廃棄物であるフッ素が大量に出来てし
まいその処理のため水道水に混ぜ「虫歯予防になる」と民衆に擦り込んだのが始ま
りの様です。また原爆を作る際にも大量のフッ素が出来てしまう、その処理のため
にもフッ素は体に良いと思いこませる必要があったようです。ですが実際はフッ素
は人体には猛毒。戦時中ナチスでは囚人たちにフッ素入りの水を飲ませ思考停止に
して扱いやすくしたという事実があるのですが、フッ素は安全とされる適量のフッ
素を投与しただけで神経細胞から、他の神経毒が引き起こすような多動性障害、記
憶障害、知能障害が観測されているのです。」
この批判に対しては次のような反論が。

「私たちが虫歯予防に使っているフッ素は、猛毒であるフッ素とは異なり、フッ素
をその構造内に持つ化合物である「フッ化物」です。「フッ化物」にはフッ素ほど
の毒性はありません。さらに、「フッ化物」の使い方や、フッ素の量・濃度には制
限もあります。通常、虫歯予防に使用されているレベルの「フッ化物」は、使い方
さえ誤らなければ人体に悪影響を及ぼすことはありません。」

信じるかどうか、それはあなた次第って訳だろう。

ところでこの最先端フッ素治療の対極にあるのが、小児科医真弓定夫先生や自然療
法歯科等の昔流考え方。食生活次第で虫歯なんかにならない、菜食中心の和粗食で
生涯虫歯も入歯も0。更には歯磨きさえしなくていい、という。
オレが求めていたのはまさにこの生き方!と感動したものの、ではこれを明日から
自分たちが実践できるかと問われれば、「すみません」と潔く謝ろう。正直脂も砂
糖も摂取したいし、横文字食も捨て難い。

結局は中途半端に流行りと昔ながらの境界を右往左往しながら、その場しのぎの歯
の治療を続けていくのだろうか? と今晩は結論が出なかった。

ただ一つ、私の中で進歩があった。
今まで毛嫌いしてきた(子供にも拒否させてきたはずの)フッ素、取りあえず自分
が実験台としてまず試してみようかという事で、明日フッ素入歯磨き粉を買って来
る事にした。そう決めて、歯ブラシを手に取り、いつものように何も付けずに磨き
だした。そして何気なく子供達の歯ブラシの横にある(子供用)歯磨き粉をみると、
何と、赤字で『高濃度フッ素配合』と記してあるではないか!!
知らぬは私ばかり?くそっ!と思ったものの怒りを鎮めて、私の歯ブラシに3センチ
程たっぷり塗りたくって、その毒という奴を口に運んでみた。





by ut9atbun61 | 2019-05-08 22:36 | Comments(0)

たまたま通信5月号 

たまたま通信も10連休で伸び伸びになってしまった。
それにしても、百姓にとってゴールデンウィークは春作業のヤマ!
ひたすら法人田植に明け暮れていた。おまけにアスパラ収穫も。
段々百姓の忙しさが板についてきた?
f0237818_22430617.jpg

by ut9atbun61 | 2019-05-07 22:49 | たまたま通信(養鶏) | Comments(0)