<   2012年 12月 ( 14 )   > この月の画像一覧

今年の切れっ端に思う事

 ようやくこの時期になるとのんびりしてくる。
そして一年を振り返ってみる…。ああ年の暮れだなと感じられる。という事で3つ。

 今年は“ゆうの会”胎動の年。これからの指針が見えてきたような気がする。
それと、“おくがのリズムセクション”の結成。ソロから念願のバンド活動へ!
もう一つは色んな友が出来た事。常に人間を探してる私はすぐお友達になりたがる。
勿論、離れてった友いれば一期一会も。これまたよしだ。

 唯一つ気がかりなのは、情報というものが氾濫し過ぎているような気がする。いや、氾濫
というより、手軽に取得出来るようになってきた事がちょっと…。ケイタイ、パソコンがあれ
ばありとあらゆる情報が瞬時に入ってくる。

常々思っていることだけど、情報って人をシアワセ(余り使いたくない言葉だが)にしてくれ
るのかな?と疑問に感じる。殆どの情報は知って良かったと思うのだから、そうなのかもし
れない。しかし、知らなかったらそれはそれでいいなとも思えるのだ。
 身近な例を挙げると、お月さん。幼い頃、子守りをしてくれたばあちゃんがいつも、「あそ
こでうさぎさん達がお餅つきをしてんだよ」と言ってたけど、私はそれをずっと信じてきた。
じっと月を見つめると、黒い影がその姿に重なる。そうすれば何となく気持ちが落ち着き、
今でもひょっとしたらいるんじゃないか、とさえ思う。
こんな時は全く正しい情報は必要ない。逆に中途半端に知識を持っていると想像力の邪
魔になってくる。情報が物語性を押し出そうとしてしまうから。
知的好奇心と無闇矢鱈な情報は相入れない。
自身で考えながらの取捨選択が求められている。

 あえてこの時代だからこそ、耳をふさぐ必要性も考えていこうと思う。
余り意固地にならず、自然体で、来年も参ります。
[PR]
by ut9atbun61 | 2012-12-30 22:06 | Comments(0)

たまたま通信 ~鶏肉~

 たまたま農園の鶏肉の注文が入った。原則、肉の販売は出来ないので、そこいら
辺りは適当にムニャムニャ…という事で。
友人に手伝ってもらい取りあえず3羽程さばく。
頸動脈に上手に刃を入れると、鶏は気持ちよく逝く(様な気がする)。
これがなかなか難しい。大概は、ずれて暴れ出すので強引にやってしまう。
(フェイスブックでは載せられない写真を)
f0237818_2314831.jpg

f0237818_2344684.jpg

f0237818_2372023.jpg

f0237818_23172599.jpg

一羽約30分以上手間がかかる。店で買えば安価で簡単な事。
しかし、このだしの味だけは店には負けない。
 九州人には欠かせない水炊きもいいが、やはり正月のがめ煮はこの骨付きに限る。
[PR]
by ut9atbun61 | 2012-12-28 23:40 | 田舎 | Comments(2)

暗闇に耐える思想

 「月に一夜でも<暗闇の思想>に沈み込み、今の明るさの文化が虚妄ではない
のかどうか、ひえびえとするまで思惟してみようではないか」

 最近私が入れ込んでいる文学者、松下竜一氏。
彼は30年以上前から「暗闇の思想」を唱えている。

 確かに暗闇というのはいい。パソコンで語るのは何とやらだが…。
電気がある生活は、テレビを見て、携帯をいじり、そこには隙というものがなくなる。
勿論会話も沈黙も生まれてこない。
停電した時は、何もない中から会話が生まれ、沈黙の先には思考が先鋭化する。
暗闇に日常の炎でもあれば、もう言う事ない。自然と顔がほころんでくる。

 松下センセイの尊敬するところは、常にマイノリティの代弁者である事。
あくまでがんじがらめの組織を背負うことなく、個人の繋がりを結び付けて運動して
いく。まさに元祖“草の根”の人。
また闘いの流儀として印象的なのは、豊前火力発電所建設差止め裁判で負けた時、
普通だったら「不当敗訴」の垂れ幕をかざすところ、「アハハハ…敗けた敗けた」と出
した事。身内からもふざけてると批判されたそうだが、権威をからかうユーモア精神
こそ社会をきちんと見つめる事ができると思う。
 この個人とユーモアを合体させた社会運動こそ、これからの流儀。
残念ながらセンセイは他界されているが、3.11以後、見直されてくるはずだ。

暗闇に耐える思想」 松下竜一
[PR]
by ut9atbun61 | 2012-12-26 22:40 | | Comments(0)

はたけのふりかけ

 たまたま新商品「はたけのふりかけ」。
何の工夫なきネーミング。しかしオーガニックフェアではほぼ完売。
f0237818_2054282.jpg

f0237818_20484959.jpg

試作では、白黒エゴマのブレンドに、葉エゴマ粉末、モロヘイヤ粉末に加え、干し椎
茸粉末、干し人参と炒りヌカ、食塩を加えて完成。椎茸は地元産、食塩は伯方の塩、
他はたまたま農園産(無農薬)。
味のアドバイザーは、最近週2回研修にやってくるKさん。彼女は関東で小さな食事
処を開いてたという、頼もしい力。
身体に良いのは言うまでもない。香りと味も素朴でいいと思う。
今後まだまだ改良を重ねていきたい。
自画自賛発売中!
[PR]
by ut9atbun61 | 2012-12-24 20:56 | 農業(有機) | Comments(0)

オーガニックカフェ

 昨日、くにびきメッセでオーガニックフェアに参加してきた。
軽自でむさい男3人。朝4時発、夜11時帰着。全然、くたびれやしない。
タダで出店して、唄をうたって、お小遣いまで貰ったのだから。

ゆうの会もそれなりに着飾って、体裁よく。5人の結晶を集めればそれなりにはなる。
ようかん、モチ、豆、野菜、卵など、思った以上には売り上げた。
f0237818_20445634.jpg

メンバーの誠実そうな接客もよかったのかも。それに引き換え、私はというと、留守居
役は何とかこなしたものの、あとはステージで唄って好き放題喋ったり、他のブースの
邪魔をして話し込んだりと、勝手で役立たず。お友達は増えたけど。
 年に一度の有機イベント。欲言えば前日でもいい。出店者同士の交流を設定して欲
しかった。商売第一、次には有機的なつながりで刺激と愉しみを味わわなくては損、損。
個人的には豆腐屋さんや個性的商店とお近づきになれたのはよしとする。
あとは県へ。宣伝・集客方法をもっと工夫していくべきかなと思う。
 次回に向けて。地元仲間として、柿ノ木有機とアヤ、ダンクらとタッグを組んで、何か
目を惹く共同商品を作りたいなと思う。
要は東部に友好的殴り込みをかける訳。3本の矢で衝撃と印象を残さなければ。 
 
 雪にも出会わず、大変座り心地の良い一日でした。
[PR]
by ut9atbun61 | 2012-12-23 21:44 | 農業(有機) | Comments(0)

やっぱり

 先月末から今月にかけては、ビートルズ好きにとって特別な期間。
何やかやで日々が流されていく。今日、雪のお陰でゆっくり聴き返す。
 ジョンとジョージのベストライブといえば、
「one to one concert」
バングラディッシュコンサート
片や自らを前面に出し感情を爆発させる、片や仲間と共に賑やか楽しんでる。
ソロでこそ。
ジョンの魂の叫び mother
ジョージの神への賛歌 awaiting on you all
中でもこの2曲がいい。まさに自らの精神性を吐露してる感じ。

 ちなみにポールは USAライブ! リンゴは勿論オールスターバンドライブ(第1期)だ。
[PR]
by ut9atbun61 | 2012-12-19 21:10 | 音楽 | Comments(2)

祭のあとに…

 選挙から一夜明けて…。
もう、勝った負けたはどうでもよい。
衆愚と言ってもしょうがないし、時代が求めていると言えばそれまでだし。
唯一の救いは、普天間基地で苦しんでいる人々だけが正しい選択をしたと思っている。

もう、こうなっちゃ仕方ない。組織だった運動はキライだから独り勝手連でやる。
しかし、白熱・真面目はだめ。あくまでふざけ半分、ちょっと冷め気味に。
ドン・キ・ホーテよろしく風車に立ち向かっていこう。
まずは車に装飾だ。
f0237818_19554666.jpg

嫁作なのだが、当の本人は当惑気味…。

 マルティン・ニーメラー牧師の言葉。

ナチスがコミュニスト(共産主義者)を弾圧した時,私は不安に駆られたが,
自分はコミュニストではなかったので,何の行動も起こさなかった。
その次,ナチスはソーシャリスト(社会主義者,労働組合員)を弾圧した。
私はさらに不安を感じたが,自分はソーシャリストではないので,何の抗議もしなかった。
それからナチスは学生,新聞人,ユダヤ人と,順次弾圧の輪を広げていき,
そのたびに私の不安は増大したが,それでも私は行動に出なかった。
ある日ついにナチスは教会を弾圧してきた。
そして私は牧師だった。
だから行動に立ち上がったが,その時は,すべてがあまりに遅過ぎた。
[PR]
by ut9atbun61 | 2012-12-17 20:00 | 田舎 | Comments(0)

静かな夜に

 今日はマルシェ(朝市)とちしゃの木ライブ。…心地良い草臥れ感。

 今夜静かに読みたい、友人がフェイスブックで紹介していた素敵な本。
「戦争のつくりかた」
余り深く考えず、気持ちで読みたい。そして寝ようっと。
[PR]
by ut9atbun61 | 2012-12-15 22:05 | 田舎 | Comments(0)

選挙近し

 お祭り選挙が近付いている。が、魅力ある人が見つからない。
まして島根は、無投票同然。(消去法で選ぶ)頑張って欲しい政党も風前の灯火状態。
何か嫌な社会になりそうな予感。

最近、政治家や評論家達が小選挙区制度の見直しを偉そうに論じている。
はっきり言ってちゃんちゃらおかしい。何を今更、と私が偉そうに言いたいほど。
かつてマスコミ・評論家・政治家達が小選挙区制を「政治改革」としてこぞって持ち上げ、
反対する人達には「守旧派」のレッテル貼り。当時警鐘を鳴らしていた今は亡き石川真澄
氏は将来必ず後悔すると予言していたのだが、皆黙殺。その結果どうだろう?
無駄票が増える、少数意見が反映されなくなる、世襲議員が幅を利かす…。

 これで大政党や新し物好き政党が躍進して、日本を牛耳るようにでもなれば大変。
東京時代で政治・市民運動から一切足を洗っている私も、そろそろ政治運動をやらざるを
得ないかも(冗談抜きで)。但し、組織は一切関わらず独りぼっちで。
そうしないと、子供の将来も、農業も、環境も、日本社会も、世界の平和も…。
[PR]
by ut9atbun61 | 2012-12-13 23:10 | Comments(0)

津和野マルシェ&マンスリーライブ

 今週15日(土)に午前10時より津和野マルシェを妙寿寺(和崎医院裏)にて開催。
f0237818_2130577.jpg

ゆうの会や農業青年クラブの野菜も販売します。
これは、DJ住職さんの粋な計らいで実現した企画。定期化したいきたいところ。

 その後午後3時からはちしゃの木でマンスリーライブvol.6。
今回は私の我がままで演らしてもらうつもり。
別に選挙前を意識したわけでもないし。
“ひとりぼっち”と冠しときながら、蓋を開ければゲストあり。
と、なんだかんだ。

f0237818_2181187.jpg


興味ある人、ヒマな人、行き場のない人、ソバを食べたい人は是非どうぞ。
[PR]
by ut9atbun61 | 2012-12-11 21:34 | 田舎 | Comments(0)