<   2011年 06月 ( 12 )   > この月の画像一覧

旅紀行 2011 vol.5

 4日目の朝。
ケンジの宿で温かい朝食を頂き、8時半前には出発。
 歩いて20分、小高い丘にある宮沢賢治記念館へ。
f0237818_22324771.jpg

宮沢賢治への思い入れは、決して小さくないので別項に譲るが、列車の時間の都合上、
一時間ちょっとかけて駆け足で見て回る。文学者としての顔は、有名。しかし、思った以
上に様々な顔を知った。科学者、農学者、美術家、音楽家‥と幅広い。しかも彼は、全
てそれらを、有機的つながりを持って見ている。だからあんなに素晴らしく、子供から大
人まで楽しめる童話を書けるのだろう。

 不十分に堪能して、駅にとんぼ返り。11時12分発宮古行きに乗り込む。弁当を買う余
裕すらなく、売店でお菓子とパンを買った程度(宮古駅で三陸の海の幸の詰まった弁当
でも買えばいいという皮算用であった)。
 車内は買い物・病院帰りの年寄りや学生、旅行客で8割程の混雑ぶり。ボックス席で
眼帯をしたおばあちゃんと仲良くなり、地元の過疎化や農業の衰退などの話を聴く。何処
も一緒の悩みを抱えているようだ。
 ばあちゃんも途中で降り、相棒とお菓子を食べながら、ぼんやりと川に寄り添う車窓を眺
めていた時、突然急停車。場所は柏木平駅と鱒沢駅の中間辺り。
 暫くして、「ただ今、三陸沖でM6強の地震が発生しました。…安全確認のため、しばらく
停車します」との報。体感は無かったのでちょっと驚いたが、他の乗客はいつもの事の様
な平然な顔。しかし、そのまま一時間程停車。さすがの車内もざわつき始めた頃、列車は
ゆっくり動き出し、遠野駅までで運行中止。
 一度ゆっくり訪れたいところだったが、こんな時に来るとは…。しかし動きは取れない。
f0237818_2392168.jpg

 駅で待機していると、宮古・釜石(三陸)方面と花巻・盛岡方面にタクシーを準備するから
どちらかに載ってくれと言う。本来は、宮古から三陸鉄道・久慈線を乗り継いで今夜の宿
八戸
に行く予定であったが、駅員曰く、「この調子だと三陸沿線は完全に交通麻痺状態だ
から、止めた方がいい」と。三陸の絶景目当てだけに泣く泣く引き返すことに。(ここで強引
に行ってしまえばどうなっていた事か!)
 JRが用意してくれたジャンボタクシーに乗客8人乗りこむ。予想外の展開に相棒だけ
が大喜び。鼻唄道中となって、花巻まで戻る。
f0237818_23433677.jpg

f0237818_23205569.jpg

花巻駅でも混乱状態で、急きょ代行バス2台を仕立てていた。
私達も計画の練り直し。時間も無いので、盛岡まで普通を利用して、そこから昨年末開通
したばかりの東北新幹線で八戸へ。そして八戸線で本八戸まで。
 青春18きっぷは一日分パーになるわ、新幹線代がかさむ上に、車窓の愉しみも無し。
結果的には、当初の予定より1時間ほど早く(17時前)本八戸のホテルに着いた。
 それなら夕ご飯でもと、面倒くさがる相棒を連れて黄昏の街中へと繰り出していった。
                                                  つづく
[PR]
by ut9atbun61 | 2011-06-29 23:24 | 鉄道 | Comments(0)

不耕起~ビートルズ

 昨日は忙しい一日となった。
朝起きると同時に、ヒヨコ・鶏の世話に草むしり。
昼まで飼料用の田植えを手伝って、再びヒヨコにエサやり。
立ち食いそうめんを頂いてから、柿ノ木での講演会に聴きに行く。

テーマは田んぼの不耕起栽培。つまりトラクターなどで一切田んぼを起こ
さないという究極の農法。一般的には邪道の扱いを受けている。
御歳79歳の元気先生の檄が飛ぶ。「あんたらの有機農業はダメだ!」そして
「動物性有機肥料はやるな、畔の草は刈るな、冬場田に水を張れ、」と徹底している。
そして「米でしっかり儲けろ」と言う。自然農法家らしからぬ発言なだけに現実味を帯びる。
 以前、私も3年ほど無手勝流で不耕起栽培に挑戦した事があるが、冷たい山水と多年
生雑草に完敗した経験を持つ。
 しかし来年もう一度やってみようという気合が沸いてきた。

 その講演会も後ろ髪をひかれる思いで途中で抜け出し、一旦帰宅。
ヒヨコ・鶏の世話とエサ作りをしてから、おにぎり頬張り益田へ。夜はアビーロードのマス
ター率いるNOW HERE のライブを観に行く。彼らは8月末にイギリスはリバプールで
演奏する。そのプレコンサート。
 90分みっちり、「蜜の味」や「バックインザUSSR」などのマニアックから「ヘイジュード」
や「ヘルプ」の定番まで聴かせてくれた。演奏は流石で、ポール氏は余裕があってか少
しアドリブの歌い方をするほど。イギリスでも好評を博すだろう。
 私たちの隣の席には何と福原益田市長が座っていて、色々と話をする事も出来た。

 くたくたになって帰ったにもかかわらず、興奮冷めやらぬせいか、ギターとビートルズ楽
譜を引っ張り出して来て、夜更けまで…。不耕起栽培などどこかへふっとんでしまったの
だが、今日改めて復習している。 
[PR]
by ut9atbun61 | 2011-06-26 21:35 | 農業(有機) | Comments(2)

今必要な哲学者の言葉

 先日、ちょっと遠出した時、ふらっと街の本屋を覗いた。
そして久しぶりに雑誌を買った。「男の隠れ家」とかいう渋めの雑誌。
特集は「今必要な哲学者の言葉」。真黒な表紙。何ともお堅そう。
しかし、読むと中身は意外にソフト。学問的に大上段から構えて迎え撃つのでなく、
ちょっと寝そべって、スナックでも口に頬張りながら読める内容だった。
「今の哲学はITだ」などという論があったり、お馴染みサンデル教授「白熱教室」の
魅力の紹介、悲運の哲学者達の生涯を取り上げたりと、角度が様々で面白かった。
 中でも、古今東西の哲学者の名ワンフレーズは、手っ取り早く色々な名言に触れ
て良かった。

 考えるだけでは足りない。その考えを言葉で表現することをもって、
 考え、とか思考というのである。
                                         
                                       (メルロ=ポンティ)

 裏を返して言えば、音楽、小説、絵画、芸能…全ての表現というのは、本来は全て
の人が頭の中には有している、と思う。ただそれらでメシを食っている人達は、たまた
まその表現方法を会得しているだけであって、特段凄い訳ではない。誰でも表現の仕
方を理解すれば出来る。その最たるものが言葉なのだろう。説得力がある。

 一方で、「哲学の学ぶ人生悩み相談」というコーナーもあった。これはちょっと頂けない。
「どうすれば仕事がうまくいくか?」とか「どうすれば幸せになれるか?」など人生の難問
を半ページずつ割いて答えを提示してくれる。ニーチェが、カントが、曰く…と。これでは
イイトコどりで、哲学の意味が無い。やっぱり本当に自分が苦しんでいる事があるならば、
理解しづらいその人の著作(解説書でも)を自分で何とか苦心して読んで、自分流の解釈
をして初めて何となく悩みが薄れる(位にしかならないが)のであって、そうでなければ有
難味が薄い。これも安易に情報が手に入る社会の弊害なのか。
 以前よりベストセラーの中で、決まって、ハウツー本や、自己啓発本が幅をきかせてい
るが、そんなのに頼っていたら自分の指標さえ決められなくなってしまうと思う。

 誰かが言っていた。「悩みなんかは、時間と余裕があるから生まれるんだよ」
その通り!百姓になって我思う。
[PR]
by ut9atbun61 | 2011-06-24 22:04 | | Comments(0)

アオダイショウのキモチ

 日に一度は田んぼの見回りをする。稲、水、草の状況を確認する。
f0237818_20465233.jpg

 田舎(特に山の中)に住む人は知っている希少種モリアオガエルの卵。
今年も、山際の田んぼの木々に鈴なりになっている。そろそろ孵化する頃。
カエルを咥えたアオダイショウが田んぼをすいすい泳ぐ。
 自然の、のどかな光景だが、それだけでは終わらなかった。

 卵の出荷準備で納屋に戻ったところ、視線の先には…?!
アオダイショウがまさに大口を開けて卵を呑みこもうとする瞬間!
「もしや、昨日鶏小屋の周りをうろついてた奴か」と思ったが、とにかく
慌てて、尻尾を掴んで外に放り出した。アオダイショウは弧を描くようにして
下の畑に。ちょっと近い様な気がしたが、時間も無いのでそのまま卵の配達へ。

 そして夕方、卵の採卵に小屋へ行くと、いつもより鶏が騒がしい。落ち着きも無い。
しかし気にも留めず、何気なく産卵部屋に手を突っ込むと、がさがさ・にょろっとした
感触が。ぎゃっと思い、手を引っ込め覗きこむと、卵を頬張ったアオダイショウが!!
顔が卵型に膨れている。
 「この野郎、性懲りも無く」という思いが通じたのか、慌てて逃げるアオダイショウ。
私は逃がしてたまるかと胴体を引っつかむ。
アオダイショウは、やにわに卵を吐き出し、私の手に噛みつこうとする。
少々怯むも、反対の手で首根っこを押さえつけ、何とか捕獲。

 私は殺生が余り好きでない質。特にヘビは好きというか、可愛いと思うので普段は、
ゆっくり諭して山に帰してやるのだが、仏の顔も三度まで。ヘビにとっては初対面かも
しれないが、こっちにすれば関係ない。
 尻尾を持ってアスファルトに叩きつける…。顔が歪み…動かなくなる。
 悪いのはヘビなんだ。しかし、何故か申し訳無い気持ちが沸いてくる。心持が悪い。

 生物を殺める時、いつも思う。ドリトル先生(童話の主人公)がいてくれたら、ちゃんと
相手の思いを聞いてやれるのに。
[PR]
by ut9atbun61 | 2011-06-22 21:43 | 農業(有機) | Comments(0)

旅紀行 2011 vol.4

 旅紀行のPART4は夕方の花巻駅から。今からマルカンデパートへ。
重い雲が垂れ下がり、今にも雪がちらつきそうな空模様。
予算節約と腹空かしに徒歩で行く。
f0237818_20245310.jpg

 15分足を動かすと、見えてきた。懐かし昭和のデパート!
何故かというと、これ。
f0237818_20334951.jpg

昔のデパート大食堂では当たり前の光景。子供の頃、じっとガラス越しに覗きこんだ
ものだ。案の定、相棒は興奮して走り回る。200種もあろうかというメニューから散々
悩んだ末に、2人で焼肉定食、チャーハン、ピザを頼む。それでも1500円足らず。
f0237818_204250100.jpg

夕食時にもかかわらず、この静けさ。500人も入るかというところに20人ほど。
 結局完食出来ず、ピザは夜食に。名物のソフトクリームまでは辿り着かず。
f0237818_2127567.jpg

箸で食すこのソフトは140円也!
このマルカンデパート、不況の煽りを受けながら、何とか大食堂で成り立っているとか。
昭和の文化遺産を是非守って欲しい!

 薄暗くなり始めた花巻市街を再び歩いて駅に戻り、列車に乗って新花巻へ。
今夜の宿は「ケンジの宿」。リーズナブルで小さいながら雰囲気がいい。
旅好きの主人と話したり、ヒバ風呂でゆっくりしたり、と満喫できた。
f0237818_21492670.jpg

 そして、久しぶりに朝食らしい朝食にありついた。
[PR]
by ut9atbun61 | 2011-06-20 21:57 | Comments(0)

新エネルギー!?

 ブラウン管から毎日のように流れる福島原発問題。
不安と猜疑の連鎖はとどまるところを知らない。
知人からもネットの様々な情報を頂く。それを見るにつけ原発に頼ってきた功罪が
浮き彫りになる。原発なんて絶対要らない!というは易し、行うは難し。国のお偉
いさん方の迷走ぶりに腹は立つが、どうしようもない状態である事には変わりない。

 そんな中、最近話題を集めているのが原発に代わる新エネルギー。従来の化石
燃料に代わりうるものとして、風力・水力・太陽光・バイオマスなどの自然エネルギ
ーは是非進めていって欲しいと思う。自然の偉大さを間近で感じる事が出来る。
 その一方で、ちょっと変わったエネルギーもあるという。からバイオエタノール
を精製するとか、海底に存在するメタンハイドレートのガスを利用するなど。
 このメタンハイドレート、先日テレビでやっていたが、専門家曰く、日本近海に大量
にあるらしく、少なくとも100年分以上のエネルギーを供給してくれるという。
そしてこれに目をつけた隣国達に取られる前に自分たちの物にしようと息巻いていた。

 それを聴いてちょっと待てよと思った。確かにそのエネルギーで皆が潤うのは悪くない。
しかし、その発想は今までの化石燃料と全く変わらない。獲りつくしてしまって、「はい
お終い」でいいのか?その上、隣国に奪われないようにとは何とも心の狭い。絵に描
いた餅を争うのは、領土問題や漁業権争い以上にみっともなくないか?

 地球が丸いという事が分かった時点で、それは資源の有限を示している。
その争いはもう止めて、自然エネルギーに全力を傾けるべきではないか?

 知識も無い者が偉そうな事を言ったが、原発問題を機に原点に戻るべきだと思う。
[PR]
by ut9atbun61 | 2011-06-18 22:28 | Comments(0)

たまたま通信 ~凹み事~

 ヒヨコがやってきて、忙しくなってきた我がたまたま農園。
しかし、最近は思うようにならぬ事ばかり。少々へこんでいる

 まずは、ヒヨコ達。今年は5月生まれなので、寒さで死ぬことはないと思ってい
たのだが、1週間で4羽圧死。やはり50羽が一斉に集まって休むと弱い者は下
敷きになるのかもしれない。

 またが夜にやって来ては、鶏小屋の周辺を掘って回る。朝に埋めて回るが、
翌朝には再び。狙うはまだ卵を産まぬ若鶏。わざと年寄り鶏を放つが、それには
目もくれず。結局若鶏が2羽餌食に。

 最近は蒸し暑さのせいと、ケールの葉がなくなったせいもあるか、鶏達がちょっと
イライラしている様子。ちょっとした音で大騒ぎしたり、卵を踏みつけて割ったりする。
卵の産みも若干悪い。卵の味を覚えなければいいが。

 そして学校給食の残菜をヌカと混ぜて作る自家製発酵飼料。湿気が多いために
すぐにカビが生える。技術の未熟さも手伝っているだろうが、何かいい方法はないか
と空っぽの頭を叩いているが。 

 私は生来がいい加減な質なので、多分へこむ事があった方がいいのだろうが…。
ちゃんと、これが研鑽から結果へとつながればいいなとあぐら気分で他人事。
[PR]
by ut9atbun61 | 2011-06-15 21:42 | Comments(0)

落語

 一昨日、益田の横田に落語を聴きに行った。最近はテレビでもやらなくなっているので貴重だ。
松本医院の患者さん達が企画して、東京から毎年呼んでいるという。
落語3席に紙切り、曲芸と様々。お囃子も生演奏とあって本格的。
 落語は定番の「たがや」や相撲話の「佐野山」など。(トリは時間の都合で聴けなかった)
 その中で、林家正楽さんの紙切りのお題をリクエストしてみる。その筋では
第一人者。「ライオン」というお題を、喋りながら、体を揺らしながら切っていく。
一分も経たぬうちに立派な切り絵。記念に頂く。
f0237818_20145570.jpg

 私は落語が大好き。一時期は落語家になりたいと思ったこともある位。
 高田渡も、山田洋二も、爆笑問題も全て落語が基にあるのだろう。だから面白いし、共感できる。

 ちなみにお気に入りの落語家は柳家小三治「初天神」「死神」などは何度聞いても飽きない。
[PR]
by ut9atbun61 | 2011-06-12 20:37 | Comments(0)

しばられ地蔵

 3月の旅行の途中で立ち寄ったお寺、茗荷谷駅そばの林泉寺。住宅街の一角に
ひっそりと建っている。
 階段を登りきると、突然縛られ地蔵というのが出迎えてくれる。
「盗難や失せ物があると、地藏尊に縄をかけ、願いがかなうと縄をほどく」という言い伝
えがあるとか。
f0237818_19533487.jpg

 有名で耳にした事はあったが、見るのは初めて。間近で見ると生々しい御姿。
縄でぐるぐる巻きにされて、辛うじて顔の表情が窺える程度。それにしては優しげな顔。
 有難いやら可哀想やら、どう接したらいいのか分からず、取りあえず手を合わせた。

 ここには生涯を政治闘争に捧げた知人が眠っている。その向かい側には、何と私が
尊敬する怪物弁護士遠藤誠氏の墓もある。大好きな煙草とお酒が常に供えられて
いる様子。
 しかし遠藤大先生の事、あの世でも散々好き勝手やって、縛られて俗世間に舞い戻
って来たのかも。
 私も見習うべく、釈迦マル思想を勉強しようと思う。
[PR]
by ut9atbun61 | 2011-06-10 20:50 | Comments(0)

たまたま通信 ~ヒヨコ~

 昨日生まれたてのヒヨコ達がやって来た!その数100羽。
約2割は知人から頼まれ注文。
 例年だと5月中旬頃に来るようにして、11月には卵を産み始めてくれるのだが、
今年は段取りが悪く、一カ月近く遅れてしまった。産卵率が極端に落ちる冬場の
卵のやりくりに困りそうだ。
 しかしこの時期は寒い日がないのでヒヨコの死亡には悩まされないと思う。
ヒヨコ達は体温調節が出来ないため、気温が下がると一か所に集まっておしくら
まんじゅう
を始める。その際に体のちっちゃい奴や体力のないヒヨコは圧死
してしまう。一応夜は、こたつ式保育機で一週間ほど育てて、少しずつ外の世界
に慣らしていく。元気に育ってくれればいいが。
f0237818_2137130.jpg

f0237818_21385982.jpg

[PR]
by ut9atbun61 | 2011-06-08 21:39 | たまたま通信(養鶏) | Comments(0)