人気ブログランキング |

カテゴリ:未分類( 135 )

選挙へのいざない

若者たちが「選挙」について話し、学びたいといって春頃から活動している。
翁も参戦しようと思ふ。
私は小学生の頃に何故か選挙ウオッチャーとなって、以来選挙はゲームと化した。
勝った負けた、切った貼ったの大勝負!
しかしいつの時代も私が気になる候補者や政党は当選しない…、選挙特番ではい
つも苦虫を噛み潰しながらも、夜中まで観戦。
大平会のマスダシンイチ翁、進歩党の田川誠一翁、雑民党のオカマの健さん、
憲法みどりと農の連帯、等々。
小さな政党、泡沫候補にも大志があった、夢があった。
ところが、今の大政党に志があるのか?夢す感じられない。
どうせ今回も結果はわかってる…、島根は全国NO.1だし…。
それでもわしらは夢を見る!
だから選挙は楽しい!

今週末は楽しい映像を見せ〼ので、是非集いませう。

https://www.facebook.com/events/324117625187728/

by ut9atbun61 | 2019-06-24 21:26 | Comments(0)

公明さんを偲んで

今朝農作業の休憩中、師匠が突然、「おい、松岡公明が死んだぞ」と声を発し
た。初めは何のことやら分からなかったが、すぐにあのおっさんの顔が浮かん
できた。嘘だろ!まだおっさんより一周り若かったはず。聞けば山の事故とか。
確か山が好き、たき火が好き、と大好きな酒の席で熱く語っていたことが甦る。
しかも事故は白神山地、私が春の旅で五能線から見上げた山だ…。
公明さんとは師匠を通じて5,6回しかお会いしなかったが、とても強烈な印象
があったのでここに記しておきたい。
初めにお会いしたのはおくがの事務所。当然、夜の宴会だ。
東八郎に似たギャグの寒い剽軽なおっさんやな、と思ったらJAのお偉いさんだ
というのでちょっと萎縮。すると本人は、
「海ちゃん、そんな畏まるなよ、酔っ払えばただの下品なおっちゃんだから。」
と涼しい顔。全然威張るところがなく、更には出身が肥後熊本で同郷九州人と
いう訳で話が盛り上がった。なかでも野糞に関してはうるさくて、私が軽々し
く語ると、「甘い!」と一喝されてご指南を受けた。その時は相当量のビール
焼酎を呑んでいたようだが、頭は冴え冴え。
またある時、師匠が「海、すまんが明後日武生に行ってくれんか?」
聞くと、師匠が講演のダブルブッキングをしたという。それで福井の武生での
講演会は、宇根豊さんと松岡公明さんと一緒だから何とかなるからお前が行け
と言う。「冗談じゃない!」と断ったものの、翌々日は鉄の誘惑に負けて、
サンダーバード雷鳥に乗っていた。
宇根さんは基調講演、その後、公明さんと私と大学教授(?)でのパネルディ
スカッション。私は何の事を喋ればいいか分からなかったので、全て公明さん
が振ってくれて、いじられて、笑いをとって、訳わからないまま終わった(そ
れで謝礼をもらって嬉しいような、悪いような…)。
夜は武生の老舗旅館に泊まって、地元の方々と飲み、更に公明さんと相部屋で
少し飲んだ。その時は農業から政治の話と色々レクチャーを受けて、この方は
とても"土と人"を愛している人だな、と感じた。
公明さんもとても機嫌良く酔ったようで、
「海ちゃん、わしは横になったらすぐ寝てイビキがうるさいから早く寝ろよ。」
そう言うや否や、布団に潜り込んで本当に寝てしまった。
翌日、眠くて仕方無かったのはご愛敬。
それから2度ほど、何かの会でお会いしたが、相変わらずの態度で接してくれ
とても嬉しかった。
ありきたりの言葉であるが、残念という以外ない。

師匠と少し公明さんの思い出話をした後、一言。
「東京でわしが飲もうといって、ほかの奴らは皆用事があるといっても、公明
だけは"よし分かった飲もう"と言ってくれたんじゃが。はぁ、なしてわしより
先に逝ってしまったろうか。」
今日一日心なしか寂しそうだった。




by ut9atbun61 | 2019-05-11 22:53 | Comments(0)

歯磨きいまむかし

今日、テレビで歯の健康についてやっていた。結論からいうと、フッ素が一番効果
的だとか。歯質を強くして、虫歯になりにくくなり、初期虫歯にも有効と大絶賛。
ネットで検索しても、フッ素は安全で素晴らしいの雨あられ。(但しライオンさん
が語ってると、商売っ気プンプンでうさん臭く感じてしまうけど)
フッ素の毒性に対しても、自然界に元々あるもので人間だって普段の生活で少なか
らず取り込んでいるそうだ。なのでそれほどの毒性は心配しなくていい
とか。
これには多少の違和感を覚えつつも、今晩じっくり冷静に考えてみた。

というのも、実は明日、学校でフッ素塗布がある。我が家は毎回当然の事として辞
退している。では、その根拠は何か? と聞かれたらちょっと口ごもってしまう。
科学的根拠は無い。ただ単に、イヤなものはイヤ、ダメなもんはダメ!そう言いた
いところだが、過剰摂取は毒性ありだとか、フッ素症(無気力)になる恐れありな
んていう断片的な知識も一応仕入れている。
眉唾ものかもしれないが、こんな意見もある。


「古くはアメリカでアルミニウム産業の産業廃棄物であるフッ素が大量に出来てし
まいその処理のため水道水に混ぜ「虫歯予防になる」と民衆に擦り込んだのが始ま
りの様です。また原爆を作る際にも大量のフッ素が出来てしまう、その処理のため
にもフッ素は体に良いと思いこませる必要があったようです。ですが実際はフッ素
は人体には猛毒。戦時中ナチスでは囚人たちにフッ素入りの水を飲ませ思考停止に
して扱いやすくしたという事実があるのですが、フッ素は安全とされる適量のフッ
素を投与しただけで神経細胞から、他の神経毒が引き起こすような多動性障害、記
憶障害、知能障害が観測されているのです。」
この批判に対しては次のような反論が。

「私たちが虫歯予防に使っているフッ素は、猛毒であるフッ素とは異なり、フッ素
をその構造内に持つ化合物である「フッ化物」です。「フッ化物」にはフッ素ほど
の毒性はありません。さらに、「フッ化物」の使い方や、フッ素の量・濃度には制
限もあります。通常、虫歯予防に使用されているレベルの「フッ化物」は、使い方
さえ誤らなければ人体に悪影響を及ぼすことはありません。」

信じるかどうか、それはあなた次第って訳だろう。

ところでこの最先端フッ素治療の対極にあるのが、小児科医真弓定夫先生や自然療
法歯科等の昔流考え方。食生活次第で虫歯なんかにならない、菜食中心の和粗食で
生涯虫歯も入歯も0。更には歯磨きさえしなくていい、という。
オレが求めていたのはまさにこの生き方!と感動したものの、ではこれを明日から
自分たちが実践できるかと問われれば、「すみません」と潔く謝ろう。正直脂も砂
糖も摂取したいし、横文字食も捨て難い。

結局は中途半端に流行りと昔ながらの境界を右往左往しながら、その場しのぎの歯
の治療を続けていくのだろうか? と今晩は結論が出なかった。

ただ一つ、私の中で進歩があった。
今まで毛嫌いしてきた(子供にも拒否させてきたはずの)フッ素、取りあえず自分
が実験台としてまず試してみようかという事で、明日フッ素入歯磨き粉を買って来
る事にした。そう決めて、歯ブラシを手に取り、いつものように何も付けずに磨き
だした。そして何気なく子供達の歯ブラシの横にある(子供用)歯磨き粉をみると、
何と、赤字で『高濃度フッ素配合』と記してあるではないか!!
知らぬは私ばかり?くそっ!と思ったものの怒りを鎮めて、私の歯ブラシに3センチ
程たっぷり塗りたくって、その毒という奴を口に運んでみた。





by ut9atbun61 | 2019-05-08 22:36 | Comments(0)

キレる医者

いつも思うのだが、地元のおっさんらの世話話は面白い。
歳を重ねていくと、ネタは老・病・死と暗い話題が多くなってくるのだが、
これがまた目茶苦茶面白いのだ。一種の地の話芸なんだろう。
今日は地元の小さな神様の祭りで、60~70代のおっさんらが話音頭を取った。

「昔わしらが子供の頃は、貧乏だったから砂糖なんか無くてなぁ。」
「おかげでこの辺りの子供らは虫歯が一本もなかった。」
「ところが今や総入歯になってしもうた。食べ物が変わったからのう。」
なるほどなぁ、先日の映画に出てた真弓定夫先生も歯磨きしなくても虫歯1本も無
いって自慢してたなぁ、と感心していると、
「ワシは最近、歯が痛くなって○○歯科に行ったんじゃが、あそこのババアが検
査をしてジジイが歯を削ったところ場所が違ってたもんで、わしゃぁ大文句を言
ったら、『はぁそんな文句言うんだったらもう来んでいい!』と言われたんじゃ。
わしゃぁ腹が立って腹が立ってあれからほったらかしじゃ。」と大爆笑。
「あんたが腹立てるとはよっぽどだな、確かにあそこのジジイはひどいからな。
昔は……な事もあったな。だが今の若いのは腕がいいというじゃないか。」
「昔、××におった●●という医者、あいつはひどかった。ある時腹を立てた奴
が、『てめぇ殺してやる!』と言ったら『おー殺せるもんなら殺してみぃや』
と言うて、ひどい喧嘩になったもんじゃ。もうヤクザじゃ。」
この後も嘘のようなホントの話が延々続いて、笑いまくった。

確かに今のお医者さんというのは、皆さん真面目で親切でいて丁寧な対応される。
(隣町の耳鼻科は大変厳しい先生がいらっしゃって、患者をすぐ叱るため、ほか
の耳鼻科に皆流れてしまうとかで、今や予約無でもすぐ診てくれる珍しい存在だ)
私が幼い頃でも、結構激しい医者が多かった記憶がある。
歯医者では怒鳴られ、耳鼻科では耳が千切れるほど引っ張られ、(何処かは覚え
てないが)大声で泣くと口に布を突っ込まれたことも。
今の時代だと虐待扱いになるんだろうか?
医療費が社会を圧迫しつつある現在だからこそ、キレる医者、怖い医者、無茶な
医者、不気味な医者さん達が跋扈してくれると、医者にかかるのはもうこりごり
だ!といって皆健康に気を付けるのではないだろうか?
そんな下らない事を考えつつ、近々、(おそらく)慢性中耳炎で耳鼻科に行かな
ければいけない、さて患者のいない叱る医者に行こうか、はたまた3時間待ちの
優しい医者のところに行こうか、おっさんらの笑い声の中で、結構本気で悩む私
であった。




by ut9atbun61 | 2019-04-14 23:02 | Comments(0)

開拓の後ろ側で

満州マニアの私にETVはまた知られざる情報をくれた。
「彼らは再び村を追われた 知られざる満蒙開拓団の戦後史」
歴史として語るには余りにも重く辛い現実がここにある。

昭和期戦争中、食料を求め開墾地を探し、政府の勧める中国東北部に移った満蒙
開拓団の人々。当初はそこそこ平穏に暮らしていたが、戦局悪化と共に現地の防
衛隊である関東軍に見捨てられ(先に逃げ出した)、半数以上が命を落とし、ほ
うほうの体で日本に逃げ帰ってきた。
ところが戦後の日本では、経済低調でどこも受け入れるところが無くて(故郷で
さえ)、再び政府の失業対策・食糧増産というスローガンで、今度は国内の山間
地や沿岸部(つまり未墾地)に入植する事になった。しかし、所詮は農地に向か
ない土地(だから開墾されなかった)、そこでも多くの人が苦しみ脱落していく。
時は高度成長期、これからは観光・産業立国だと頭の良い人達は考えたのだろう。
成果上がらぬ開拓地に目を向け、スキー場やレジャー施設、原発等の誘致を決定。
開拓民達に僅かな補償金を支払い、退去を勧める。成田闘争などは代表的な例で、
開拓民だからこそ、あそこまで反対闘争が起こったのであろう。
そして8年前の福島原発事故。あれで、双葉村(当時)に入植していた開拓団の人
々は皆、一瞬で自分の土地を失ってしまった。おまけに牛も全殺処分。
その一人が振り絞るように言った言葉が響く。
「結局弱いものが犠牲になっていくしかない…。3回の国策の失敗で、私の70年の
人生は徒労に終わった。」
一方で、農水省幹部(国内開拓政策を推進した人物)の回顧録から。
「結局、(開拓に)金を使い過ぎたって事でしょうかね(笑)」
このギャップをなんとみるか…。

戦争、経済政策、原発問題、私たちはそれぞれに目を向けるものの、一つ一つに
向き合って考え判断していきがち。まぁそれも悪くはないけど、歴史は必ず繋が
っていて、その3者も繋がっているが故に、課題が雪だるま式に大きくなって解
決不能な難しい問題となっていく。それを全て被ってしまった人がいるという事
を理解し、もう少し自分事として向き合っていかないと、いつの日か(私たちか
その次の世代に)もっと大きな問題となって降りかかってくるに違いない…。



by ut9atbun61 | 2019-03-24 00:41 | Comments(0)

旅の始まりに空を仰いでみる

我が鉄旅には鉄則がある。
其ノ一 空ヲ飛ブ事ヲ禁ズ 
其ノ二 快適ヤ速サヲ求メズ、鈍行アルガママ二為ベシ 
其ノ三 日ノ落ツル前ヨリ旅籠二入ル不可ラズ  
(出典:鉄道ノ旅ノ円滑二進ムル省令第百五十二号) 
ところがこの度は禁じ手を使いまくっている。
飛行機は3便利用(石見往復と大館能代)、一部新幹線とリゾートしらかみに乗車予定、鳴子温泉では昼過ぎにチェックイン。
それぞれ理由あってのことなんだが、どうも背中がむず痒い。モリカケのアベさんではあるまいに、言い訳が空々しく聞こえてしまうから止めとくが。 
鉄旅の始まりは日没間近の鷹ノ巣駅から。秋田内陸縦貫鉄道を羨ましく横目で追いかけながら、弘前まで。あすは津軽鉄道と五能線を堪能予定。
f0237818_21462297.jpg

by ut9atbun61 | 2019-03-02 21:54 | Comments(0)

カジノって?

横浜でカジノ建設の動き、というニュースで参入会社が会見していた。

「アートとカルチャーとエンターテインメントを何とかかんとか…」
なんて言葉に違和感を覚え、ちょっと笑ってしまった。
確かにお金を介するカジノというのは究極のエンターテインメントだ。

しかしアートやカルチャーという言葉は当てはまらないのでは?

建設予想図では曲線美を強調したオシャレなカジノビル。確かに視覚的に
はアートなんだろうが、素人眼から見れば、単なる巨額を投じた客寄せの
目立つハコモノにしか見えない(失礼ながら)。またカルチャーは、長年
人々が営んで培ってきたものであって、今後金次第でどうなるかわからな
いような物まで範疇にいれるのはどうかと。

多分一般人からすれば、アート・カルチャー・エンターテインメントは意
外と手の届くものであり、ひっそりと佇んであるもの。地芝居や神楽は、
まさにエンターテインメント(そこからカルチャーに繋がっていく)。

それを考えるとエンターテインメントの定義づけも必要か。

ついでに言えば、カジノ自体に反対はしないが、おおっぴろげに合法化す
る意味が分からない。むしろ半合法的でこっそりやる方が雰囲気が出るに
決まってる。そこに義理や人情、貸し等が絡んで怪しさが増す(笑)。

まあ都会にカジノを作りたきゃ、どんどん作ればいいし、それを好まない
人たちは皆田舎に移住すればいいんじゃないかな。都会は生活するところ
ではなくてお金を使うところ。そう勝手な事を思った次第でして。


by ut9atbun61 | 2018-09-26 22:49 | Comments(0)

菊とギロチン


9.1
は関東大震災にして私がこぼれてきた日でもある。流言飛語で朝鮮人
が迫害され、その後
16日には日本一自由で無責任男大杉栄が虐殺される。
その敵を討とうとしたのが、アナキスト集団ギロチン社の面々。
そんな彼らと当時流行った女相撲達との交流(交流はフィクション)を描い
た映画『菊とギロチン』を先日山口
YCAMで観てきた。

流行り監督・俳優陣という触れ込みに、余り期待してなかったんだけど、
それがとても素晴らしかった!
瀬々敬久監督は元々ピンク映画出身。30年来温めてきたこの映画を自主
制作してまでというから凄い。

中身は結構、自由で過激でありながら、とても哀しい現実に向き合う。

やっぱりエロとテロは結びつくもんだと感心してしまった。

個人的にはギロチン社や和田久さんらをもっと取り上げてほしかったが、
ちょっと危険思想に偏り過ぎるかな?
ただ注意したいのは、テロという一言で片付けてしまうと、現代のオウム
やイスラム国と一緒くたにされてしまうが、明治~昭和初期は少し違う。
弱者に寄り添うという社会的大義があった(決して許される訳ではない)。


<iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/sPDeAW3lR7I" frameborder="0" allow="autoplay; encrypted-media" allowfullscreen></iframe>


今秋は奇才若松孝二監督&若松プロをモチーフにした映画『止められるか、俺たちを』が公開されるらしい。

アングラの時代再来か! 楽しみ、楽しみ。

<iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/y2l28BI9ZI8" frameborder="0" allow="autoplay; encrypted-media" allowfullscreen></iframe>

f0237818_21162918.jpg


by ut9atbun61 | 2018-09-05 21:18 | Comments(0)

プロレスナショナリズム

面白かった新書第2弾 『悪役レスラーは笑う』森達也
遥か昔、グレート東郷という日系レスラーがいた。(始めは“東条”と名乗ったらし
いが、流石に批判殺到したとかで東郷にした)
アメリカでは大ヒールで嫌われ者、日本レスラー界でもトラブって追放。余り良く
言う人はいない。出自はというと、両親共日本籍?母親が中国籍?どちらかが韓国
籍?様々な証言が出てくる。どれが真実でどれかフェイクなのか?結局分からずじ
まいで本は終わる。
筆者が言いたいのはそこではない。プロレスとナショナリズムの関係性だ。
そもそもプロレスの父、力道山は北朝鮮籍でありながら、バックの児玉誉士夫が
“日本人のシンボル”と演出してきた。愛国心を掻き立て高度経済成長を底支えした
1人でもあった。ところが本人自身は日本に永住する気は無く、また本国に帰る気
も無いと夫人に漏らしていたそうだ。おそらく本人にとって、プロレスはビジネス
であり、政治や思想に巻き込まれたくなかったのだろう。その力道山が慕っていた
人物であったグレート東郷は尚更である。日米で嫌われ更にはプライベートで晒さ
れるのは勘弁してほしかったに違いない。
結局プロレスショーは、ナショナリズムを体現する道具になり得る。
特にアメリカンプロレスは、善悪二元論でナショナリズムを煽ることで人気を博し
ていてきた。そんな白々しさになかにも、オチャラケた抵抗者が必ず現れてくる。
そこがプロレスのいいところ。
アメリカがイラク戦争をおっぱじめた時、WWFリングに3人のイラク軍風レスラー
が登場してきた(一人はサージャントスローターという超有名米国人レスラー)。
当時は、メディアはブッシュ批判を自主規制してた異様な時期だった。そんな時、
フセイン氏の肖像を掲げて、イラク攻撃の不当性をリングでアピールする。アメリ
カ国旗を掲げたベビーフェイスレスラーを反則攻撃で徹底的に痛めつける。観客は
憤慨し、頃合いを見て愛国者レスラーが反撃して最後はやっつけるというシナリオ。
アメリカではすぐに社会問題となり、ヒール役のスローター氏も身の危険を感じて
イラク軍団は消滅、いつの間にか彼は愛国者レスラーになってしまったが。
学生時代にリアルタイムで観てた私は、公平性を訴えて湾岸戦争を報道するマスコ
ミより、妙に共感を覚えた記憶がある。
グレート東郷も、意識的か無意識的にナショナリズムを投げかけてくれていたのか
もしれない。そのボールは誰も受け取ることなく、転々と転がっていき歴史の闇に
消えて行った訳だ。
そんなプロレスに最近、森氏が疑問を呈する。
「本来プロレスで重要なのは、対戦相手への破壊力ではなく、観客の説得力。曖
な領域を残しながらも技ばかりが過激になっていくプロレスは危険になってい
る。
まだルールが明確でレフリー権限が厳格なK1やプライドの方が安全。客
ニーズに応えながらエスカレートしていく。視聴率競争に奔走して表現として

本質的な力を失いつつあるテレビメディアに共通する課題。」

また最後の言葉は特に印象に残った。

「民族の誇りとか国家の忠誠だとか、そんな浮ついた安っぽい言葉で、人の心

を定義しない方がよい。人の心はもっと複雑だ。もっと多面的で豊かなのだ」

プロレスは非常にナショナリスティックでありながら、かなりいい加減な民主
主義でもある。そんなところに私は惹かれてしまう。


by ut9atbun61 | 2018-07-27 23:17 | Comments(0)

政界三国志

今の政治状況をあんまり悲観してもいけないので、何か楽しく考えようと思った。
そうしてふと思いついたのが、『三国志』の世界。私は超三国志オタク。
立派な政治家先生たちを三国志(演義)の人物にあててみようか。
但し、あくまで独断と偏見。三国志の世界だって、曹操を大悪人、劉備を高潔人
物と取る向きもあれば、曹操は希代の英雄、劉備は狡猾の小物という見方もある。
冗談半分なので、これを見て怒らないでね…!特に特定政党を応援してる方。

自民党
安倍首相は…、曹操といいたいところだが、董卓かな(さすがに袁術にしたら
失礼だろうから)。自民党は人材豊富だから魏国になる。
菅官房長官は、軍師李儒。
石破さんは、曹操の質があるかも。今は大人しく董卓に従って、乱世になったら
頭角を現すって感じ。場合によっては呂布になる可能性もある。
安倍首相にたてつく村上誠一郎氏はさしずめ鮑信校尉。
小泉氏は将来の魏を背負うだろう意味で張遼。
果たして王允は誰が担うのか、楽しみ!
公明党
大田代表は…、董卓の片腕という事で李傕
後の人は余り知らない…。創価といえば大作先生、霊帝にするかな。
希望の党
小池代表は、難しい…強いて言えば孫策。ちょっと無茶なところがあってどこか
で恨みを買って刺客にやられそう。
前原氏は周瑜?実力はあるけど、いざという時、策士、策に溺れるかな?
若狭氏は内政の柱、張昭。細野さんは黄祖を見限った甘寧。
日本維新の会
松井代表は強面の袁紹。力はあるけど、曹操には勝てなさそう。後継者選びに苦
労しそうだし。橋本元知事は、影響力が強く、頭の回転も速そうだから、将来晋
を建国する流れで司馬懿。顔良・文醜のような意気の良い候補者がいそう。
立憲民主党
枝野代表は、今の人気度とヒーロー的立ち位置で劉備。しかし孔明のような名軍
師が、まだ出てこない(いても天下を取れなかったし)ので厳しい。関羽張飛と
いった強者もちょっと見当たらない。長妻氏は徐庶だし、海江田氏は麋竺。
清美ちゃんは良く行けば趙雲、悪く転ぶ(調子に乗る)と馬謖になる。
個人的に好きな元広島市長の秋葉氏は実直な王平。亀井氏は期待も込めて関興。
管元総理は何故か公孫瓚(短気は短期?)。
共産党
志位委員長は、馬騰(もしくは南蛮王孟獲)。一定の勢力を保ちつつ、中央には
上れない。で、ひょっとしたら劉備(立憲民主)に吸い込まれそう。
小池・穀田氏など有能な部下たちは馬超・龐徳?
社民党
吉田党首にはもっと頑張って欲しいんだけど、あまりぱっとしないから劉璋。
瑞穂さんはパワーあるから張任。又市さんは見たまんまの厳顔だね。
日本のこころ
代表は中野さんという方だっけ? なんか安倍さんの手下のイメージだから郭汜かな。
あとはその他無所属の方々。
岡田元代表は名家のお坊ちゃん、劉表。マイペースどじょうの野田元首相は張魯。
蓮舫元代表は張繍。「このハゲー!」の絶叫候補は祝融夫人かな。

まだまだ当てはめる事も出来るが、流石に気分転換の域を超えそうなので、この辺り
で終いに。さて選挙後は乱世の時代はやってくるのか?
by ut9atbun61 | 2017-10-19 23:50 | Comments(0)