人気ブログランキング |

岐路に立つ読書のススメ

私の数少ないポリシーの一つに『読書のススメ』というものがある。
幼少の頃から、母親にテレビ・ゲーム・漫画を極端に制限され、その上一人っ子で、
群れるのが好きじゃなかったために、その代償に母親から強制読書を頂戴し、いつ
の間にか本の世界にのめり込んでいった。
その足跡の良し悪しは全く分からないが、取りあえず、自ら歩んだ道だけに子供達
にも辿って欲しいという親心、それで子供達(身内だけでなく絡んだ子供全てに)
には口うるさく本を読めと言い続けている。たとえ勉強はしなくても、本さえ読ん
でいれば…、と言った具合にだ。
ところが、今日見事に一本取られた。

朝、嫁さんが何やら子育て講演会があるとかで、いそいそと出掛けていった。
そして帰って来た時には、自信に満ちた、いや勝ち誇ったような顔で私の前に仁王
立ち。これにはたまたま鶏を捌きに来ていた友人も、何だ?とびっくり。
「いやー、今日の講演会は為になったねー。」
と私の反応も待たずに、受け売り子育て論を一気にぶち上げ始めた。
私は“評論家の語る子育て論なんて”という頭があるから、早速お得意の聞き流し頷
き法を実践してたが、その中で「15歳までは読書は必要ない!」「漢字の反復練
習はしなくてよい。一切書かずに覚える事ができる!」なんて言い出したもんで、
ついカチンときてしまう。
「そりゃ目茶苦茶だな!そんなトンデモ教育論を聴きに行ったん?子供に読書させ
ないで感性なんか生まれる訳ないだろ、考える力も養えないし。あ、オレがいつも
文句ばかり言うから、仕返ししたいんだろ。」
しかし嫁は涼しい顔で笑いだし、話を遮る。嬉しくて仕方ないと言わんばかりに。
「あー、そうくると思った。けどね、15歳、っていうのは自己確立する時期なん
だけど、それまでに読書を沢山してきた人達は、15歳過ぎたら自分探しの旅に出
ちゃうって。それ聞いて思わず友達と声出して笑ってしまったよ。あ、身近にその
失敗例があった!ってね。」
突然そんな事を言われたもんで、「うっ」と言葉に詰まった。すぐに開き直って、
「自分探しをしてどこが悪い!」って言い返したんだが…なんだかなぁ。

考えてみれば、40半ばのおっさんが家族そっちのけで自分探しの旅をするって、
恥ずかしぃ、もう外聞悪すぎるって。
決してそんな大仰な旅でなく、鉄道マニアとしての最後の矜持なんだが、結局傍
から見れば糞も味噌も一緒なのだろう。
だからと言って、止めるわけにはいかない。
これからは、余りエラソーに旅に出るから!なんて高言するのを止め、やや恥じ
らい気味にちょいとそこいらまでと、つぶやく事としよう。
そして読書をしろ!と見下ろし公言するんでなく、子供達の耳元で「きっと本を
読んだら楽しい事が起こるだろうにね、おじさんは読んで欲しいなぁ」と猫なで
声でささやいてみようかな。


by ut9atbun61 | 2019-03-31 23:51 | | Comments(0)
<< キレる医者 開拓の後ろ側で >>