追悼 マスター!

津和野の名物喫茶&バー『木の実』のマスターが今日未明に亡くなったという知ら
せを受けた。体調不良ではあったが、まさか…と言葉を失った。

マスターとは色々思い出深い。そもそも出会いが突飛だった。
ある日突然電話がかかってきて、
「木部に面白い人がいると聞いたから会いたい。」と。
そして現れた時は、何故か手にカメ。
何でも、道路を横切っていたから捕まえて土産にと思ったとか。
それから、音楽の話になって、サザンロックで盛り上がった。

その後、マスターが喫茶店をオープン、ちょくちょく顔を出しては話し込んだ。
音楽の話、政治の話、この町の将来について。毒舌が冴えまくっていた。
語るだけでは物足りず、時には喧嘩を売る事もしばしば。
お酒がそうさせているとの声も上がっていたが、私は本音を言っていると信じて
いた。決して間違ってはなかったし、口の悪さが故に正論がくすんでしまってい
ただけに過ぎない。そんなマスターが大好きだった。

またある時、友人とお店で飲んで、マスターの部屋に泊めてもらった事がある。
炬燵にごろ寝で、夜中3時頃、酒が醒めて、目も覚めた時に、運悪くマスターに
捕まり、朝まで津和野改造論に付き合わされた。翌日は眠くて仕事にならず。
今やとても良き思い出だ。

昨年は、隣町の民族派百姓と自称“左翼”である私のトークライブを開いてくれて、
マニアックに盛り上がった。それから会う度に、「また今度面白い企画をやって
くれよ!」と言われ続けていたところだった。私もそのうち、そのうち、と思っ
ているうちに今日の日を迎えてしまった。

こんなになるんだったら、町長でも立候補して、マスターとこの町を混沌とさせ
たかった!冗談を本物にしようというのが、マスターとの密約だった。

甚だ残念! まだ「ご冥福を」なんて祈りたくない!
ここら辺りを彷徨って、まだまだ毒舌を吐き散らして欲しいですよ、マスター!




by ut9atbun61 | 2018-10-25 23:29 | 田舎 | Comments(0)
<< ドック顛末記 たまたま通信10月号 >>