カジノって?

横浜でカジノ建設の動き、というニュースで参入会社が会見していた。

「アートとカルチャーとエンターテインメントを何とかかんとか…」
なんて言葉に違和感を覚え、ちょっと笑ってしまった。
確かにお金を介するカジノというのは究極のエンターテインメントだ。

しかしアートやカルチャーという言葉は当てはまらないのでは?

建設予想図では曲線美を強調したオシャレなカジノビル。確かに視覚的に
はアートなんだろうが、素人眼から見れば、単なる巨額を投じた客寄せの
目立つハコモノにしか見えない(失礼ながら)。またカルチャーは、長年
人々が営んで培ってきたものであって、今後金次第でどうなるかわからな
いような物まで範疇にいれるのはどうかと。

多分一般人からすれば、アート・カルチャー・エンターテインメントは意
外と手の届くものであり、ひっそりと佇んであるもの。地芝居や神楽は、
まさにエンターテインメント(そこからカルチャーに繋がっていく)。

それを考えるとエンターテインメントの定義づけも必要か。

ついでに言えば、カジノ自体に反対はしないが、おおっぴろげに合法化す
る意味が分からない。むしろ半合法的でこっそりやる方が雰囲気が出るに
決まってる。そこに義理や人情、貸し等が絡んで怪しさが増す(笑)。

まあ都会にカジノを作りたきゃ、どんどん作ればいいし、それを好まない
人たちは皆田舎に移住すればいいんじゃないかな。都会は生活するところ
ではなくてお金を使うところ。そう勝手な事を思った次第でして。


[PR]
by ut9atbun61 | 2018-09-26 22:49 | Comments(0)
<< たまたま通信10月号 たまたま通信9月号 >>