旅に出る

忙しくなってきたから旅に出た。今年も相変わらずの日常からの現実逃避行。今回は広島スタート。
昭和の残り香漂う山陽路を青春18きっぷで東へ。
車窓に駅舎に電車、セピア色に染めてもおかしくない。
かつての難所“セノハチ”峠を越える。
国鉄の先達たちの血のにじむ努力に思いを馳せながら。今私達は乗っている、うたた寝をしながらのうのうと電車に揺られている。
周りは皆、スマホに夢中。平和で無味乾燥気味な時代になったのだろうか?
そのまま播州赤穂に寄り道をして、大垣の宿に。
今日はそれでおしまい。

[PR]
by ut9atbun61 | 2018-03-09 23:22 | 鉄道 | Comments(0)
<< 谷迫組覚書 U氏の憂鬱 >>