スマートメーターの行方 vol.2

スマートメーター騒動、今回は真面目に中立的な立場で考えてみる。
となると、なかなか情報が少ない。ほとんどが、“スマートメーター安全神話論”
か“スマートメーター超危険論”に基づいている。つまり、バラ色の世界が展開さ
れていくのか、人類滅亡の序説が始まるのか、そこら辺りの大きな話はまだ私の
頭では理解できないので触れない。

まず専門家の意見。
「Green Peaple's Power」(市民電力の供給会社)代表竹村氏
 スマートメーターの1回の検針に対する電磁波は、携帯電話と同じ程度だから、
 よっぽどの過敏症の方以外は特に影響がないと考えられています。ただし、そ
 のしくみに問題があるのではないか
 現状では、スマートメーターは電磁波を増幅するかもしれないしくみでつなが
 っており、そのピラミッドの頂点にあたる家庭では、無視できないほどの強い
 電磁波にさらされる可能性があるのではないか

つまりは、スマートメーター自体から受ける電磁波の影響は低いが、スマートメ
ーター同士が影響して強い電磁波を発する場所も出てくるという事か?
(ちょっと待てよ、先日中電の方とやり取りした際に、スマートメーターの電磁波
は携帯の10分の1だと言われたけどな…)

続いて電磁波を気にしているらしい自営業の方
 スマートメーターの電磁波を実際に測ったサイト
要約すれば、メーターの目の前で電磁波を計測すると、安全基準の10倍以上の電
磁波がでるものの、50㎝離れれば基準値以下になるそうだ。ただ注意すべきは、
「電磁波過敏症ではない方であれば、影響は受け難いだろうと思われる数値です
が、過敏症の方がどの影響を受けるかは別の話です。少ないとはいえ、磁場が出
ているのは確かですから、過敏症の方は、なるべくスマートメーターへの交換を
遅らせてもらうよう、交渉すべきだと思います。」だとの事。
その上で、「個人的な意見としてはスマートメーターから出る高周波の電磁波よ
り、無線LANや携帯電話の電磁波に気を付けるべきで、スマートメーターに注意
し過ぎても仕方が無いのでは、と思わされました。」

凄く全うな意見だ。現時点では私はこれに賛同しよう。
大体、今の世の中、人間の身体に悪いものが溢れかえっている。だがそんなもの
をいちいち気にしてては生きていけない。いずれは人類も滅びるんだろうから仕
方ない、なんて考えてしまう。なので、出来る事はせいぜい身の回りの危険度合
を下げることぐらいだ。
ただし、お上が意図的に隠ぺいしたり、ごまかしたりすることは何か腹立たしい。
これでスマートメーター問題は様子見としよう。
[PR]
by ut9atbun61 | 2017-06-25 21:31 | 田舎 | Comments(0)
<< 鶏殺めて人助く の巻 続報 スマートメーターの行方 ... >>