人気ブログランキング |

最新農装レビュー

先日先輩農家と後輩農家を訪ねた時、この暑い中、両人共黒の長袖シャツを着
ていた。見るからに暑そう。半袖ポロシャツの下に、である。
聞くと、「知らんの?今これが最先端。汗を吸ってとにかく涼しい。日焼けも
しないし、ブトにも刺されにくい。」という。
まさか、風通し悪くて絶対暑いに決まってる、そう思いつつ知らぬ口惜しさで、
翌日ホームセンターに買いに走った。シャツ1枚、野口英世1人と等価交換とは!
スルスルした肌触りで、何かビニールっぽい。着ると肌にピッタリ密着。何だか
保温効果抜群のような気がする…。
半信半疑ながらも、最先端の農家ファッションを身につけたという優越感が自然
と気持ちを高ぶらせる。気分はもうプロ大農家。よし、バリバリ働くぞと、午後
1時の熱射に抗って飛び出した(普段は3時迄休憩というのに!)。…ま、へたる
までにそれほど時間は費やさなかったけど。
確かに涼しさは感じた。上半身の汗が何処かへ消える代わりに、メンソールのよ
うな不思議なひんやり感が生まれる。しかし私には違和感。汗をかいた気がせず、
締め付けられた皮膚にはヒリヒリ感が残る。そして上半身の汗が顔と下半身に分
散したようにふき出してくる。汗で視界を遮られ、下半身にはお漏らしかと惑う。
それでも、近所の人が来たのでちょっと格好つけようと無理に涼しい顔して自慢。
しかし、「何じゃその変な格好は?今から川でも入っとか?」
決しておくがのスタンダードとはなれないだろう。
結局長袖シャツは洗濯をして綺麗にたたんで引き出しの奥へ。

農の装いというのは目まぐるしく変わる。私が就農して15年、様々なものが登場
ては(私の前から)消えた。軍手に代わって、"まるで手袋してないかのような感
覚の"薄手の作業手袋、そんな感覚を持つぐらいならしない方が良いと思ったが、
試しに使ってみるが、やはり所詮は手袋。邪魔になり、つい畑に置きっぱなしで
行方知らず、左手袋ばかりになってしまい、アウト。
また、ヒートテックとかいって、薄手で保温効果抜群の冬用長袖シャツが流行っ
た時も使ってはみた。が、冬作業は結構動いて汗をかくので、動き出しの時だけ
上に着込んで、汗が出てきたら(場合によっては)シャツ1枚になるから結局は
これも邪魔になる事が分かった。あと、首や手に巻く水冷剤も邪魔くさいし。

農の便利品というものは、ことごとく私に合わない事がよく分かった。
今日も私はよれよれTシャツを肩上までまくり上げ、日焼けした腕にヤブ蚊やブト
がたかる姿を不快に思いながらも、土と汗にまみれています。
by ut9atbun61 | 2016-08-03 23:44 | 田舎 | Comments(0)
<< 処凛ちゃんが行く! たまたま通信8月号 >>