人気ブログランキング |

祭のあとに…

 選挙から一夜明けて…。
もう、勝った負けたはどうでもよい。
衆愚と言ってもしょうがないし、時代が求めていると言えばそれまでだし。
唯一の救いは、普天間基地で苦しんでいる人々だけが正しい選択をしたと思っている。

もう、こうなっちゃ仕方ない。組織だった運動はキライだから独り勝手連でやる。
しかし、白熱・真面目はだめ。あくまでふざけ半分、ちょっと冷め気味に。
ドン・キ・ホーテよろしく風車に立ち向かっていこう。
まずは車に装飾だ。
f0237818_19554666.jpg

嫁作なのだが、当の本人は当惑気味…。

 マルティン・ニーメラー牧師の言葉。

ナチスがコミュニスト(共産主義者)を弾圧した時,私は不安に駆られたが,
自分はコミュニストではなかったので,何の行動も起こさなかった。
その次,ナチスはソーシャリスト(社会主義者,労働組合員)を弾圧した。
私はさらに不安を感じたが,自分はソーシャリストではないので,何の抗議もしなかった。
それからナチスは学生,新聞人,ユダヤ人と,順次弾圧の輪を広げていき,
そのたびに私の不安は増大したが,それでも私は行動に出なかった。
ある日ついにナチスは教会を弾圧してきた。
そして私は牧師だった。
だから行動に立ち上がったが,その時は,すべてがあまりに遅過ぎた。
by ut9atbun61 | 2012-12-17 20:00 | 田舎 | Comments(0)
<< やっぱり 静かな夜に >>