人気ブログランキング |

妙薬 一等丸

 12月から1月にかけて、毎年胃痛に悩まされる。特に正月中断食もしばしば。夏場は
常に汗をかきかき動き回っている一方で、冬場は極端に動きが鈍くなる。しかしご飯を食
べる量は変わらぬせいなのか。
 ここでCM。
 胃腹痛・食べ飲み過ぎ・吐き気・もたれ。そんな時には高津屋伊藤博石堂の一等丸
明治の文豪森鴎外が従軍の際に常備したという、また「清貧の思想」の中野孝次も愛用し
た由緒正しい漢方胃腸薬。長く服用すると健胃、頓服としては即効性があるスグレもの。
一家に一つの常備薬におすすめ。
f0237818_2118376.jpg

 またここ高津屋伊藤博石堂の主人がとても魅力ある人物。私が津和野にⅠターン
してきて何かとお世話になった。残念ながら今年1月に若くして亡くなってしまったが、
文学・文化・思想に明るく、幅広い話題と蔵の膨大な書物で愉しませて下さった。
 私の大好きな作家井上ひさし氏の小説「東京セブンローズ」の表紙には、何とその
一等丸ののぼりが(一番下)! 
 また俵種苗店という素敵な種屋さんも描かれています(上から二軒目)。
安野光雅氏の粋な計らいなのでしょう。
f0237818_21453393.jpg

勿論本の内容は絶品。それはまたの機会。
by ut9atbun61 | 2010-12-23 21:59 | Comments(0)
<< 国語元年 たまたま通信  ~危険な卵~ >>