たまたま通信8月号

今月は画伯が帰省しているため、通信も大変。
文章はパパッと仕上げたが、絵がダメだ。
しかし、画伯いなけりゃ何も出来ぬと思われては癪だ。
渾身の1枚を仕上げた!

f0237818_22565263.jpg

[PR]
# by ut9atbun61 | 2018-08-10 22:59 | たまたま通信(養鶏) | Comments(0)

夕暮れ partⅠ

私の大好きな高田渡の唄に「夕暮れ」(黒田三郎原詩)というのがある。
一度ライブでやってみたいものだが、雰囲気が出せずに言葉が空々しくな
るから出来ない。もう少し日常の年輪を重ねたら、ひょっとしたら…。

 夕暮れの街で 僕は見る 
 自分の場所からはみ出してしまった 多くの人々を
 夕暮れのビアホールで 一人一杯の
 ジョッキを前に 斜めに座る
 その目がこの世の誰とも 交わらない処を
 選ぶそうやってたかだか 30分か1時間
      (中略)
 たそがれがその日の夕暮れと 折り重なるほんのひととき
 そうやってたかだか 30分か1時間

都会の喧騒の中小さな日常をドンピシャ。たかだか世界が素晴らしい!

勿論詩人黒田三郎氏は鋭いのだけど、これを土臭く改編、唄い上げた渡氏
はもっと凄い。更にこれを現在の私の日常に重ねてしまおうと思った。

 男やもめの夕暮れタイム
 ひとまず鍬をうっちゃり 2匹に御機嫌伺い
 私は鎖に引かれて散歩と 犬がしゃれ込む
 いつもの道 いつもの畔 山に陽が隠れんぼ
 夕暮れが封切り それからお気に入りの場所へと
 熱い空の名残り 犬ははしゃぎ 私はボーッ
 涼しい夜風の予感 犬はそわそわ 私はボーッ

さぁ そろそろ帰ろうかな
 そうやってたかだか 10分か15

 野良と仕事の隙間に 入り込むほんのひととき

 そうやってたかだか 10分か15


忙しすぎる時の“たかだか”はくすんだ宝石のようだ。
と感傷に浸る余裕もなく鍬を草刈り機に持ち替えて、

暗闇がやって来るまで勝負に出掛けた。


 
 

[PR]
# by ut9atbun61 | 2018-08-06 23:07 | 田舎 | Comments(0)

プロレスナショナリズム

面白かった新書第2弾 『悪役レスラーは笑う』森達也
遥か昔、グレート東郷という日系レスラーがいた。(始めは“東条”と名乗ったらし
いが、流石に批判殺到したとかで東郷にした)
アメリカでは大ヒールで嫌われ者、日本レスラー界でもトラブって追放。余り良く
言う人はいない。出自はというと、両親共日本籍?母親が中国籍?どちらかが韓国
籍?様々な証言が出てくる。どれが真実でどれかフェイクなのか?結局分からずじ
まいで本は終わる。
筆者が言いたいのはそこではない。プロレスとナショナリズムの関係性だ。
そもそもプロレスの父、力道山は北朝鮮籍でありながら、バックの児玉誉士夫が
“日本人のシンボル”と演出してきた。愛国心を掻き立て高度経済成長を底支えした
1人でもあった。ところが本人自身は日本に永住する気は無く、また本国に帰る気
も無いと夫人に漏らしていたそうだ。おそらく本人にとって、プロレスはビジネス
であり、政治や思想に巻き込まれたくなかったのだろう。その力道山が慕っていた
人物であったグレート東郷は尚更である。日米で嫌われ更にはプライベートで晒さ
れるのは勘弁してほしかったに違いない。
結局プロレスショーは、ナショナリズムを体現する道具になり得る。
特にアメリカンプロレスは、善悪二元論でナショナリズムを煽ることで人気を博し
ていてきた。そんな白々しさになかにも、オチャラケた抵抗者が必ず現れてくる。
そこがプロレスのいいところ。
アメリカがイラク戦争をおっぱじめた時、WWFリングに3人のイラク軍風レスラー
が登場してきた(一人はサージャントスローターという超有名米国人レスラー)。
当時は、メディアはブッシュ批判を自主規制してた異様な時期だった。そんな時、
フセイン氏の肖像を掲げて、イラク攻撃の不当性をリングでアピールする。アメリ
カ国旗を掲げたベビーフェイスレスラーを反則攻撃で徹底的に痛めつける。観客は
憤慨し、頃合いを見て愛国者レスラーが反撃して最後はやっつけるというシナリオ。
アメリカではすぐに社会問題となり、ヒール役のスローター氏も身の危険を感じて
イラク軍団は消滅、いつの間にか彼は愛国者レスラーになってしまったが。
学生時代にリアルタイムで観てた私は、公平性を訴えて湾岸戦争を報道するマスコ
ミより、妙に共感を覚えた記憶がある。
グレート東郷も、意識的か無意識的にナショナリズムを投げかけてくれていたのか
もしれない。そのボールは誰も受け取ることなく、転々と転がっていき歴史の闇に
消えて行った訳だ。
そんなプロレスに最近、森氏が疑問を呈する。
「本来プロレスで重要なのは、対戦相手への破壊力ではなく、観客の説得力。曖
な領域を残しながらも技ばかりが過激になっていくプロレスは危険になってい
る。
まだルールが明確でレフリー権限が厳格なK1やプライドの方が安全。客
ニーズに応えながらエスカレートしていく。視聴率競争に奔走して表現として

本質的な力を失いつつあるテレビメディアに共通する課題。」

また最後の言葉は特に印象に残った。

「民族の誇りとか国家の忠誠だとか、そんな浮ついた安っぽい言葉で、人の心

を定義しない方がよい。人の心はもっと複雑だ。もっと多面的で豊かなのだ」

プロレスは非常にナショナリスティックでありながら、かなりいい加減な民主
主義でもある。そんなところに私は惹かれてしまう。


[PR]
# by ut9atbun61 | 2018-07-27 23:17 | Comments(0)

知ってしまった日本の構造?

最近は気晴らしに新書ばかり読んでいる。
しかし読み進めると、これが結構深い。
笑ってスカッとしたり、心和んだりする事もあるが、多くは気晴らしになるどこ
ろか、腹が立ったり、モヤモヤしたまま本を閉じる事が多い。
それじゃぁダメだろうとも思うが、私たちが生きてる社会が所詮そんなものなん
だろう。その中で最もカリカリした新書。

『知ってはいけない 隠された日本支配の構造』矢部宏治

友人から貰ったんだが、題名がセンセーショナル過ぎて、暫く山積みしてた。
一読すると、政治的に偏ってて、更には陰謀論者っぽく感じてしまったが、
じっくり読み返すとそうでもない。淡々と事実を暴いてくれる本だった。

例えば、「日本の空はアメリカに支配されている」という説。
「横田空域」と「岩国空域」という米軍が管理する空域があるそうだ。
(数年前までは沖縄に「嘉手納空域」があったが、名目上は無くなったそうだ)
横田空域は東京の西部地域を覆っており(高度7000m)、日本の航空機は特別
な許可無く飛べないという。確かに、石見から羽田に向かう時、都心上空を避け
るように東京湾を大きく迂回して、何故か房総半島から羽田へ向かうという変な
ルートを飛ぶので疑問に感じていた。これは都心部の騒音対策とかでなく、横田
空域の影響だった。同様に、岩国空域は島根県から愛媛まで広範囲に設定されて
いて、何らかの制約を受けているようだ(本書ではそこまで言及されてない)。

また、沖縄普天間周辺市街地での米軍機による低空飛行が問題視されているが、
米軍住宅の上では低空飛行をしないそうだ。何故かと言うと、アメリカ国内法に
より危険飛行を禁止していて、米軍住宅はそれに適用されるからだとか。
それならば、日本にも最低高度や飛行禁止区域などを定めた『航空法』があるの
だが、米軍機はその特例として“適用外”になるという。つまり日本では危険飛行
など実質無視されているに等しい。ちょっとおかしな話だ。

そこから更に変な話が出てきた。日本には環境汚染を防止するための法律がある
のだが、何故か、何故か!放射性物質汚染だけはこれまた“適用外”になるという。

○大気汚染防止法第27条 この法律の規定は、放射性物質による大気の汚染及び
その防止については適用しない
○土壌汚染対策法第2条 この法律において「特定有害物質」とは、…中略…その
他の物質(放射性物質を除く)
○水質汚濁防止法第23条 この法律の規定は、放射性物質による水質の汚濁及び
その防止については、適用しない

つまり、福島原発事故に関して、国として環境汚染を認めて無い事になる…。
同様に、アメリカの対日政策に関して、国として知らぬふりをしている…。
そう疑われも仕方がない。
どんな穿った見方をしようが、原発政策と対米政策は同じ根っこだ。
こんな有様で復興とか言って、オリンピック開催を素直に喜べるのか?

久しぶりに本で腹が立った!
が、この1冊の新書だけで全てを信じ込まないのが私の性格。
これから少し調べて、更に深堀りしてみたいと思う。
 

[PR]
# by ut9atbun61 | 2018-07-17 23:02 | | Comments(0)

たまたま通信7月号

たまたま通信7月号。
毎年この時期には大雨に悩まされている。今年はもう要らないよ、台風さんよ。風と共に去りな!

f0237818_21272613.jpg

[PR]
# by ut9atbun61 | 2018-07-03 21:51 | たまたま通信(養鶏) | Comments(0)