<   2017年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

SOUTHREN ROCK LOVE!

サザンロックの開祖、Allman Brother Band のグレッグ・オールマンが昨日
亡くなったと聞き、ショックにまみれてる。

私の音楽遍歴の始まりはビートルズだったけど、次第にジョージハリスンの
渋系音楽にはまっていき、ボブディラン➡ザ・バンドを経てサザンロックへと
辿り着いた。以来南部熱にはうなされてきた。

サザンロックは、アメリカ南部(ジョージア、アラバマなどといった南部州)
で1960年末に誕生した。ブルース・カントリー・ソウル・ジャズなどをベー
スに南部特有の田舎臭さ(土や沼の臭い)を前面に出したロック。
テンガロンハットにジーンズにブーツをまとい、髭・デブでギターを大音量で
鳴らせば誰でもサザンロッカー。そんな身近さがある。

当時のスターはゴロゴロいた。オールマンブラザーズ・レイナードスキナード
・マーシャルタッカー・アウトローズ …etc。

中でも最もお気に入りはマーシャルタッカーバンド。
カントリーテイストたっぷりでありながら、テクニシャン揃いのメンバー。
未だに一番聞き込んでいる。


でもやっぱり今夜はオールマンに献杯!







f0237818_2021098.jpg

20代前半の頃、サザンロックの聖地ジョージア州メイコンのキャプリコーン
レコード社詣でを行った時の写真。
[PR]
by ut9atbun61 | 2017-05-28 21:08 | 音楽 | Comments(0)

下戸の晩酌

家飲み用にと今日お酒が届いた。奥飛騨の純米吟醸超辛口『生活の柄』!
この名前で酒に弱い私が買う理由も頷けると思う。
今晩は家の者は出払っているから独りでちびちびと至福のひととき。
(嫁がいたらおそらく「呑めないくせに格好つけて」だの言われるから)
f0237818_21594364.jpg

つまみは全て自家製。
初めて上手く漬かったカリカリ梅、タケノコとキュウリのぬか漬け、
極めつけは天日で干したタケノコをそのまま七味マヨで頂く。
こんなもんばかりをつまむようになったのは齢をとった証拠なんだろな。
f0237818_2211719.jpg

コップ半分を飲み終えると多分寝てしまうので、その前に宣伝しておこう。
「生活の柄」
岐阜で生まれた渡氏を想って飛騨の山奥で誕生した辛口のお酒。
佐久間順平氏も味見に協力したとかでお墨付き。
限定200本、残り僅少。

 街には街の、田舎には田舎の それぞれの日常の姿に「生活の柄」が…
 酒を肴に酒を飲む、詩に思いを馳せ歌に興じる
 詩のように歌のように辛口の一本
 楽しい時も、歩き疲れた時も、眠れないときも
 この一本の酒と供に!  (ラベルより)

https://www.youtube.com/watch?v=YSYbiZdbme8

問い合わせ先
奥飛騨酒造株式会社 0576-32-2033(okuhida@lilac.ocn.ne.jp )
 
[PR]
by ut9atbun61 | 2017-05-20 22:19 | 田舎 | Comments(0)

たまたま農園未解決事件ファイル 001

数日前、イタチが罠にかかった。
「こいつがさんざんうちの鶏をやっつけたんだな!」
と憎さ百倍で、近所のおっさんの勧めるまま、罠ごと水没させ溺死する事にした。
しかし1分も経たぬ間に、イタチは「ゴボッ」と水を飲み、もがき苦しむ。
それを目の当たりにすると、さすがに可哀想になってきて、引き上げた。「ヒー
ヒー」と呻くイタチに向かって懇々と説教。
改心したと感じたか、はたまた自己納得かで山の奥にそっと逃がしてあげた。

その時、思い出した。先月のたまたま農園号外を。

【たまたま鶏変死体で発見か?】
4月某日、津和野でお馴染みの『たまたま鶏』が死亡しているのを翌朝食事を
用意しに来たここの農場主が発見した。
亡くなっていたのは3歳の雌。明るく元気で、周りから頼られる存在だった。
現場の状況は、止まり木の釘の出っ張りに首が刺さって貫通状態で宙吊りにさ
れていたという。目は見開き、口からおう吐跡があり、思わず目を背けたくな
る光景であったとされる。
農園主の話では、昨夕出会った時は変わった様子が無かったという。

同居者達はいずれも関与を否定。死亡推定時刻頃は眠っていて全く気付かなか
ったという。亡くなった鶏に関しては、最近卵の産みが悪く少し悩んでいる様
子だったが、自殺するとは考えられないとも話している。
また鶏舎内はひどく争ったような形跡もないことから事件性は低いとしている。
ただし、最近イタチのX氏が頻繁に訪れており、数件の被害も報告されている。
その事から捜査当局は、何らかの事情を知っていると思われるため、最重要参
考人としてX氏の行方を追っている。

しまった!これで事件は迷宮入りになってしまうのか?
[PR]
by ut9atbun61 | 2017-05-16 22:24 | たまたま通信(養鶏) | Comments(0)

変遷

先日、農作業請負先で昼を迎え、弁当を頂いた。
『チキンカツ弁当』398円也!
どでかいチキンカツがデンと乗っかっており、見るからに旨そう。
市販の弁当なんて久しぶり、と半ば興奮気味で食らいつく。冷めてながらもジュ
ーシーで食い応えある。それであっという間に完食。
うん、やっぱりお店の弁当はいいね、と幸せ気分に浸りながら午後作業。
ところが、だ。小一時間ほどすると胃がムカムカし出した。ちょうどコーヒーを
日に2杯飲んだ時の様だ。ずっと夕方まで尾を引き、作業にも少なからず影響が
出た。その日は首を傾げる程度で終わった。

そして昨日、所用で山口に。帰りに小腹が空き、スーパーに寄って総菜コーナー
を物色。『ベーコンシーザーサラダ』198円に半額シールを見つけ迷わず購入。
さてと。鼻唄交じりに、生野菜好きとしては勢いよく口に放り込む。
ん? 苦い‼ 苦みの中にえぐさが加わり口が歪みそうになる。それでも、残す
を嫌う家訓に従い、我慢して完食。後味がすこぶる悪かったので、添加物多めの
甘ったるいデザートで中和(毒をもって毒を制す訳ではないが)。
勿論後で軽く胃のもたれ…。

一体何なんだろう?確かに昔から家では無添加・無農薬モノを食わされてきた身。
けれども学生時代はジャンクフードまみれで人生謳歌してたもんだから、この程
度でなんて…。今更、自然食しか受け入れられない身体になったのだろうか?
身体が浄化されてきたなんて見方もあるが、そんなの面白くない。
このカオスな現代社会で生きていく上では、清濁併せ飲む事が必要になってくる
のではないか。もう少し、色んな飲食物を摂取して自分の様子を見てみよ(笑)。
[PR]
by ut9atbun61 | 2017-05-07 22:16 | 田舎 | Comments(0)

たまたま通信5月号

晴天が続き、畑はカラッカラ。
田んぼは絶好の田植え日和。
f0237818_22151668.jpg

[PR]
by ut9atbun61 | 2017-05-03 22:16 | たまたま通信(養鶏) | Comments(0)