<   2017年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

老いてはイヌままに

東の方から夕闇が迫ってきたのだろう、毛で受け止める風に冷たさを感じる。
足元を流れる水が夜を誘い出す。しかし全てが暗闇では、皆目見当がつかぬ。
わしは、再び遠吠えをかました。が、間もなく激しく咳き込んで止めた。
冷たいコンクリートの壁がこだまして笑い出した。
「自慢の鼻もこのざまじゃあ、もう齢だな。」
犬の13歳を人間に例えるとなんていうバカバカしい会話が妙に懐かしい。

数日前から、わしは光を失った。そして今朝、いつもの散歩道、足を踏み外
して何処かへ落ち込んだ。ひっきりなしに水が流れているところをみると、
さしずめ田んぼの水路であろう。
助けを求めようと、朝から声を張り上げてきたせいか、喉がじりじり痛む。
最近余り吠える事をしなかったしな、と振り返るもそれは慰めにもならぬ。
「このまま死んでしまうんかな?誰にも気付かれずに…。」
ため息をつく。寂しさの果てにしっかと刻まれた足の傷をひとしきり舐め
ていると、
「おーい、ピス!ピス!何処だ!」
遠くで聞きなれた声がする。方角は、…よく分からないが。
「ピスー!ピスー!どこなの!」
小さき声も交じりつつ、徐々に近づいてくる声。
わしは、ブルっと水気をひと飛ばしして、尻尾を立てた。そして再び力を振
り絞り吠えた。吠えた。吠えまくった。
ところが、温かな声達は車の音と共にゆっくり遠ざかっていく。
「ここじゃ、ここじゃ!」と言ってるつもりだが、聞こえないのか?
しばらくして再び声が近づく。今度は長靴を引きずるような音3つ。歩きだ。
「さっきこの近くで声がしたんだがな。」「いや、あっちのほうだったよ。」
しかしまたもや、遠ざかっていく。これが2,3回繰り返された。
「こりゃダメだ、ダメだ。もうどうしようもない…。」
最後の探す声は、諦めの声だった。
どうやらわしの遠吠えは、水路のコンクリートが反響しあって、あちこちの方
角に飛び散り、色んな方角から聞こえてくるらしい。つまり探しようがないと
結論付けたようだった。
何かがすうーっと抜けていった。それは犬が魂と言ったらお笑いなので、気持
ちとでも言っておこうか。
わしはそこいらを歩き回った。そして身体の半分ほどの平べったい石を見つけ、
そこに疲れた身体を横たえる。
水に奪われた石の体温にゾクッとしながらも、しばらくの間休む事にした…。

…それからどのぐらい経ったであろうか、突如、まばゆい一筋の光が眼を差す。
「ピス?だよね、そんなところにいたんか!」
大きな手がわしの体をぐっと掴み抱き上げてくれた。
この声、この臭いは、研修生のKだ!
驚きや喜びもそのまま、軽トラックに乗せられた。そして、
「ピス!ピス‼ お父さん、ピスが帰ってきたよ!」
「びしょ濡れじゃないか、何処に行ってたんだよ!」
手荒い歓迎でもみくちゃにされながら、ひとまず安堵した。
わしは、も少し生きていられそうじゃな、と。

「これじゃ、もう放し飼いは無理だね。」「いや、これでもう懲りただろう。
白内障で見えないんだからもう怖くて出歩けないな。」
わしは“くんくーん”と、練習を重ねた猫なで声を出してすり寄った。
とりあえず、尻尾を千切れるように高速で振りながら。
しかし、だ。わしは決して徘徊を止めようとは思わん。
今回はちょっとヘマしただけに過ぎぬ。

ある日の夜更け。首輪と鎖をしっかりと繋いだ金具を、地面に擦りつけて外し、
わしはゆっくりと暗闇に向かって歩いて行った。
[PR]
by ut9atbun61 | 2017-02-19 22:48 | 田舎 | Comments(0)

1月選書

 「曹阿瞞 鶏肋喰わされ 痩せ我慢」
 「孔融や 独言と共に 露と消え」
 「涼風が 心惑わす 錦馬超」

ちょいと調子に乗って、最近川柳にハマっている。

農閑期とはいえ、山で竹伐採仕事で半端ない疲れ様。
1月読んだ本はたった4冊。
寝正月の流れで三国志モノが占める結果になった。

 『筑豊炭鉱絵物語』 山本作兵衛
 『三国志逍遥』 中村愿 安野光雅
 『三国志談義』 安野光雅 半藤一利
 『三国志の迷宮』 山口久和

山本作兵衛さんの炭鉱絵画は芸術的であって写実的。勿論歴史学としての第1
級資料でもある。なのでとても不思議な感覚にさせられる。
私はケチって文庫版を買ったが、やはり大判を買うべきと後悔した。
ヤマ言葉やヤマ唄は意味を辿るでなく、雰囲気だけでそそられる。

三国志逍遥は安野光雅氏の絵観たさに購入。現代中国と三国時代を交差させて
描いてて、更に鑑賞者の想像力を重ねるといつまでも眺めてても飽きない。
それに、漢学者の中村氏の三国志解釈が説得力あった。曹操は人格者で真の英雄。
献帝は自ら禅譲を希望していた?とか。一方の劉備は無能だが計算高い。諸葛亮
は、それを利用して自らの野望を果たそうとした狡猾&冷酷人間。出師の表など
は自己主張とまで。そして劉禅は諸葛亮を恐れるあまり、暗愚なフリをしていた。

初めは、半信半疑だったが、読み進めるうちに、私達が読んできた三国志という
のは、あくまで、陳寿という蜀出身の歴史家や羅貫中という流行作家が書き上げ
たものであって、歴史考証という立場で書かれてない。色んな証拠書を出される
と妙に納得してしまった(「三国志迷宮」もこれと似た視点で書かれてた)。
余談だが、子供達にこのことを話したら凄くがっかりして、何か夢を壊したよう
な罪悪感にかられた。

そして安野さんと半藤さんとの放談。画家と歴史家のぶつかり合い。
武将や軍師を勝手に採点したり、三国志故事の新解釈など面白かったが、白眉だ
ったのは、三国志をテーマにした俳句川柳。先人の傑作からお二人の新作まで。
傑作だったもの!

 「三度まで 通いお蜀を 手に入れる」(江戸川柳)
 「橋一つ 張飛長阪 ノモンハン」(安野)
 「趙雲は ネンネンコロリと 首をはね」(半藤)
 「霜寒く 此の夜馬謖を 刎(くびき)りぬ」(内藤鳴雪)
 「喪を秘して 軍を返すや 星月夜」(漱石)

そして最後も安野先生。
「星落ちて その時本を 閉じにけり」
お後がよろしいようで。
[PR]
by ut9atbun61 | 2017-02-10 00:36 | | Comments(0)

たまたま通信2月号

今月号は明らかに画伯の手抜き作品だ。
しかし余り文句を言うとはぶてて、描かなくなってしまうので、ぐっと我慢。
暖かくもなれば筆もすすむだろう。
f0237818_193848.jpg

[PR]
by ut9atbun61 | 2017-02-04 19:42 | たまたま通信(養鶏) | Comments(0)