<   2016年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

キューバ行く末

フィデル・カストロ議長が亡くなったね。
独裁者・革命家、と世界の評価を2分してきた20世紀の大物指導者。
人それぞれ呼称は異なれど、彼は一貫して強気を挫き弱気を助ける人だった。
常に強大国アメリカと対峙し、第3世界諸国の頼れる兄貴分。
時に人権抑圧者になれば、時に庶民のヒーローにもなった。
私個人的には良い悪いはない。ただ大好きなだけ。

私の様な完全なる無責任キューバウオッチャーからすると、東西冷戦から東側
崩壊の中を生き抜いてきた孤国がとる手段は、カストロ氏の政策以外考えられ
なかったと思う。ましてや、苦しい経済状況の中で、医療・教育・有機農業に
力を注いだ所に、何とか21世紀まで社会主義が生きながらえる事が出来た。

かつて読んだ「民族という名の宗教」(なだいなだ著)で述べられてもいたが、
社会主義は欠陥があれども、多民族国家においては民族を上手にまとめる(と
いうか抑え込む?)一定の機能を有していた。東欧やリビアなど(ある意味イ
ラクも)が崩壊した後には民族間紛争が起こったのはまさにそれ。
しかし、結局は社会主義から徐々に脱却していかないと時代は進まない。
キューバという国家の意味を今後も大切にしていかなければならない。

正直言って、今後ラウル氏の舵取りがちょっと不安なのだけど、これも時代の
流れと達観するしかないのかもしれない。
それにしても近いうちキューバ行きてぇ!!
[PR]
by ut9atbun61 | 2016-11-27 23:41 | Comments(0)

たまたま通信11月号

久しぶりのブログ。
最近だらずになってきている。
たまたま通信11月号。ちゃんと配布してます!
f0237818_1129631.jpg

[PR]
by ut9atbun61 | 2016-11-22 11:29 | たまたま通信(養鶏) | Comments(0)

PTA研究大会 vol.1 ~その前に~

昨日、PTA中国ブロック研究大会が鳥取で開催されるので日帰り参加してきた。
鳥取は久しぶり、前回は真言密教の変な和尚さん(11PMを制作してた人とか)
に誘われて寺でライブをして以来。
元々、PTA活動なんてのは少々苦手。しかし、津和野町連合会長という肩書と、
片道4時間の乗り鉄と、この度の講師がバリバラ(障碍者バラエティ番組)でお馴
染みの山本シュウ氏という要因で参加する事に。総じて良い旅だった!

益田7時発の「スーパーまつかぜ」は、当然最前列の車窓かぶりつき席を陣取る。
車内放送で「先行の普通列車がイノシシと接触したため、安全確認で徐行運転を
する」との事。接触とはどういう事?と注意して見ていると、…見てしまった。
線路上に飛び散った鮮血、レールの外側に60k程のイノシシが横たわっている。
さらにその10m先にはレールの内側にもう1匹。そこを無機質に列車はまたぐ。
山陰線ならではの光景。撥ねた列車の衝撃はいかほどのものだったか、気になる。

列車の前面展望と読書(高木護と西村賢太というどうしようもないダメアウトロ
ー文学を何故かチョイス)の両方を愉しむと4時間なんてあっという間。
11時に鳥取到着。PTA大会は10時からで既に始まっているものの、最初はご無
礼、折角なので砂漠に足を延ばす。観光案内所で1時間半で(行って帰るの)は無
理だと愛想なく言われてムッとしたが、現地に行ってよく分かった。

f0237818_22264780.jpg

目の前に広がる砂場に蟻と化した人の群れ。海岸線まですぐだと思いきや、行けど
も行けども辿り着けない。更には砂に足をとられ、砂の坂は滑るし。
f0237818_2229911.jpg

しかしその先には絶景が待っていた。好天のお陰で180度展望も突き抜けている。
ここで朝陽から夕陽までの移ろいを見てみたいと思わせる景色力。

駆け足で帰りのバス停に向かうと、背面にはひっそりとため池が広がっている。
f0237818_22325413.jpg

「多鯰ヶ池」とかいう、中央に1本樹木の小島があって雰囲気抜群の侘びの佇まい。
正直言って砂丘よりも魅かれた。ここでも半日ぼんやり出来る!

現実に戻ってバスで県民会館に向かう。
シュウさんの講演は次回にでも。
[PR]
by ut9atbun61 | 2016-11-13 23:07 | 田舎 | Comments(0)

猪骨ラーメン

この度、私、「豚骨ラーメン」ならぬ「猪骨ラーメン」を見事完成させました!
こちらに来て16年、これまで数回チャレンジするも、なかなか思うようにダシが
出ず、今回ようやく"それ"らしき味に近づきました。
f0237818_21503730.jpg

1頭分のゲンコツと2頭分の背骨をしっかり砕いて、炭火で1日煮て半日寝かして
丸3日間。2日目越えた辺りから、色が白濁、獣臭から猪骨臭へと突然変化した。
それに醤油ベースのスープダレ。化調を入れないため、コクが弱そうだから隠し
味にゴマペーストをちょっと。あと、猪背脂が手に入らなかったため、スーパー
でラードを買ってきてと頼んだところ、牛脂をタダでもらってきたなんて事に。
カチン、ときたが、喧嘩になってはいけないので、止む無く有難く牛脂で代用。
f0237818_215428100.jpg

トッピングは、焼猪、卵、ネギ、高菜、海苔、ゴマ。ラーメン自給率は高い。
麺は手作りでなく久留米産を使って。

さて今日は家族向けの試食会だったが、皆余り浮かぬ顔。
お味は?と聞くと、子供らは「うん、まぁまぁだね…。」
そう言いながら、予備に買っといた市販スープの方に手を伸ばす。
結局、興奮して食べきったのは私一人だけ。中には全く手を付けない者も。
まぁ、猪のイメージと作成段階の獣臭を感じているので止むを得ないかも。
しかし、味はいい。まったりと麺に絡みつくスープは久留米ラーメンの足許には
届いたかもしれない。ただ牛脂と無化調の影響は免れない。補足ダシとしてイリ
コと昆布も使ったために、ちょっと天下一品っぽく仕上がってしまった。
九州人の掟として、美味しかったラーメンはスープ1滴残らず飲み干せというの
があるので私は2杯分たいらげた。
現在、腹の様子がちょっとおかしく、腹をさすりながらも、私はラーメンの完成
度は高いと信じている。
早速、近くの舌の肥えた九州人に試食してもらう予定。
そこで評価を頂いたら、農閑期に1日限定でラーメン屋を開いてみようかな。
[PR]
by ut9atbun61 | 2016-11-07 22:26 | 田舎 | Comments(0)