<   2016年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

希望の種蒔き

農業の話。
昨年から今年にかけて、農業という言葉につい力が入る。
私にとってちょうど転機と思うべき事が目の前にある。

昨年、高津川倶楽部という有機流通会社が誕生し、今年から有機のがっこうin
高津川が始まり、ちょうどいいタイミングで農協の補助金と出会った。

今まで私は、いつも「農」を積極的に語り、「業」を口にする事は無かった。
何だか金儲けの匂いがして避けていたし、語る程の自信が無かったとも言える。
しかしここんとこ思うに、「農」だけでは愉しさの域、「業」が加わると苦し
さが伴う。ここ数年は四苦八苦してばかり。
しかし苦しいばかりではない。多収や秀品によって売上が上がったり、評価を
得る嬉しさが伴ってくる。また探求心と向上心が格段に増す。
何か「業」を得た先に本当の「農」が見えてくるのかもしれない、そこまで思
うようになった。
うちの師匠の、金儲け否定的自給自足論を乗り越える時期なのかもしれない。
それは勿論、全否定ではない。思想として根底に置きつつ、農業の一般的価値
を上げるため(自他ともに)の一つの戦略とでも言おうか。

有機のがっこうの山下先生は言う。
「朝から晩まで農業の事を考えろ。」
「とにかく畑を1日中観察しろ。」
もはや先生の言う事は「業」というより「行」である。
その中で見えてきたものを実践すると良いモノができる。それを販売して初め
て「業」が成り立つのかもしれない。

さぁ、これから頑張っていいモノを作るぞ!というワクワク感と、行く手を阻
むであろうハンパない困難を思って、心が揺れ動いてはいるが、前に進む以外
手は無い。「Iターンの先駆け」とか「有機農業に取り組んできた」といっ
た形容詞を無駄にしたくない。それよか更に磨いて、そんな装飾を全て捨て去
ってスリムに格好良く見られたい。
色々と夢は膨らむが、確実に、堅実に、実践していきたい。
早速明日から、来年の事を考えながら緑肥種まき。
[PR]
by ut9atbun61 | 2016-09-22 21:20 | 農業(有機) | Comments(0)

満州思ふ

今日9月18日は満州事変が起こって85年だという。
かつての日本は中国に「満州国」という新しい国を作った。
『五族協和』という理想に燃えつつも、現実はかけ離れていた。
国の理想と民の幸せはなかなか合致しないモノ。
私の母も満州で生まれて、散々辛い目にあって引き揚げてきた身。
何とか運よく引き上げ船団に乗ったと思ったら、爆撃を受けて、自分が乗った船は
奇跡的に免れたという。そんな話を聞けば、私自身も向き合わざるを得ない。

あの時代の評価は現在においても様々だ。ただし死人に口無し…推し量るのみ。
後は生きている方々の断片をつなぎ合わせて全体像を掴まなければならない。
けれども85年という歳月は、人が死に、徐々に記憶が失われていく。
全体像をつかむのは困難な作業になる。それでいて、あやふやな記憶はゆっくりと
変化していくもの。決して意図的にばかりでない。だからこそ難しい。
自虐も美化もいけない。決して歴史を捻じ曲げてはならない。

今は中国とまともな対話が出来てない状態だから、この問題はしばらくの間、鍵を
掛けて歴史の箱に仕舞っておくしかない。そして1日も早く信頼関係を結んでから、
両者歩み寄った歴史検証をやるべきだと思う。
そうしなければ、私はいつまでたっても満州の幻影に踊らされて、一喜一憂しなけ
ればならないだろう。

私が満州の扉を叩いた書は、漫画『虹色のトロツキー』安彦良和
f0237818_2322165.jpg


  
[PR]
by ut9atbun61 | 2016-09-18 23:23 | Comments(0)

言い訳

 昨日からようやく我が農園の稲刈り。
5反ちょっとで半分が無農薬、半分が除草剤1回のみ。
うちのボロコンバインで刈り始めたものの、昼過ぎからは法人の最新大型コ
ンバインが助太刀に。うちのは…哀れ側後部分から白い煙が…。
しかし法人コンバインも苦悶の悲鳴を上げる。度々エンジン停止で時間ばか
りが無駄に過ぎる。
「こねぇコナギがあったんじゃ、どねぇもならん!」
師匠から散々小言を浴びる。
結局、3分の2ほど刈っておしまい。残りは台風一過で。

今年はちと悪い。
農業は言い訳するな、と言われてきた。
だから、圃場を前にしていちいち人に言い訳する気はない。ぐっと堪えて黙
ってありのままを見てもらう。
その代わり、このちっちゃなスペースで言い訳を吐き出す。

去年までの数年、除草もそこそこうまくいき、収量も少しずつ増えてきた実
感があった。ところが、今年はその甘えと、ケール春作栽培に手を出した欲
で全く手が回らない。除草もそこそこに、片目をつむってケールに力を注い
でしまった。何の展望もなく、田んぼも何とかなるだろうという勝手な解釈。
まぁ、農業は正直。数年抑え気味だった田んぼの雑草コナギが活き活きして、
ホタルイも誘い込む。おまけに嫌々散布の除草剤1回の田んぼも負けじと雑草
天国。何とかしようと腰を上げた時にはどうしようもない…。
明日は雨。ゆっくり籾摺りでもしようかと思うが、乾燥機を見るのが怖い。
反5俵もないだろう。

最近ちょっと調子に乗って、あれこれ手を出し始めている。
それが見事に裏目。中途半端に虻蜂取らず。
これを機に来年、もう一度出直しだ。
[PR]
by ut9atbun61 | 2016-09-17 23:07 | 農業(有機) | Comments(0)

ライブのお知らせ

19日の"コペコペカナオ"ライブの詳細(チラシ)が出来ました!
当日チケットでもいいですが、出来れば事前予約をお願いします。
申込みは、はらだやさんか私まで。もしくは花山椒のマスターに直に言って
もらってもいいですよ。
f0237818_2140599.jpg

[PR]
by ut9atbun61 | 2016-09-09 21:42 | 音楽 | Comments(0)

たまたま通信9月号

大きな台風がやってくるというから、万全の(?)対策を講じた。
ケール植えるべく張ったばかりの黒マルチに大量の土を載せ、
鶏小屋の扉には重石。秋野菜の苗はトンネルを片付け、全て納屋に運び込んで一時避難。
さぁ、どこからでもかかって来い!
のんびり寝て待とうか。
f0237818_2203718.jpg

[PR]
by ut9atbun61 | 2016-09-04 22:02 | たまたま通信(養鶏) | Comments(0)