カテゴリ:未分類( 125 )

よしりんの凄さ

ここのところ政治が騒がしくなってきた。私は余り目を向けまいとしてきたが、お
粗末過ぎてついつい突っ込みたくなってくる。
けれどもテレビに出てる政治評論家の先生達は、色眼鏡をかけてみたり、面白エピ
ソードを披露したり、予想屋ばりの分析をしたりと、自己満足の域を出てない。
そんなもんで、結局は自分の頭の中でグルグル日本の未来を想像しては悲しくなっ
てしまう。
ところが近頃、激しく共感するような意見を発している人物がいる。
“よしりん”こと小林よしのり氏。言わずと知れた漫画界の異端児。
共謀罪の時も真っ当な意見を述べていた。
http://ut9atbun61.exblog.jp/27895045/

山尾氏の不倫問題も「公」と「私」を混同した世間のいじめともいえる声を批判し
て、積極的に応援している。
今回の小池騒動も、当初は反安倍の風として評価していたが、手法・政策が明らか
になるにつれ批判へと転じている。

「枝野幸男氏に告ぐ」
枝野幸男氏が新党を立ち上げるという。朗報だ。
無所属でやるつもりの議員も、枝野新党に合流した方がいい。
希望の党は、枝野新党が出来れば、票を食われる。
小池百合子も出馬できなくなるだろう。
結局、維新の党並みの、自民党の補完勢力にしかならない。
しかも「リベラル排除」した党だから、自民党より酷い「極右政党」になる。
希望の党に行った者は、信念を捨てた政治屋として、今後、評価がガタ落ちになる
だろう。枝野新党が気をつけねばならぬことは、社会党・社民党の二の舞にならぬ
イメージ作りだ。左翼には絶対にならぬ、親米保守・属国保守にもならぬ、そして
護憲派の受け皿になる、本物のリベラル政党を作るアイデアを、わしは辻元清美氏
に伝えている。枝野氏はぜひ検討して欲しい。
わしが会いに行って、具体的に説明してもいい。
枝野新党は「民主党」になるようだが、それでいい。
奇妙なねつ造語よりも、「民主党」の方が分かりやすい。

この文章がいわゆる“左”(護憲リベラル)側が発しているのであれば、私は興味を
持たない。しかし正反対の“右”(改憲保守)側の発言だからこそ説得力がある。
政治家にとどまらず、人間誰しも他人(側)の批判は簡単に出来るが、自分(側)
の批判はとても難しい。よしりんは自分の思想信条に凝り固まることなく、ニュー
トラルに物事を捉え、慎重に「正義」というものを探っているようにみえる。
だからこそ、思想信条が違えども共感できる。
今後もよしりんの発言に注視して陰ながら応援していきたいと思っている。
ただ、いずれは立場が異なり離れていく時がくるんだろうと思うけど。
[PR]
by ut9atbun61 | 2017-10-02 22:14 | Comments(0)

浮かれ気分に水を差す

今日は吉賀のドメニカーナでお祭り。
スタッフ兼パフォーマー兼出店者として大忙しだったけれど、しっかり楽しめた。
心が解放された気分で、心地良い疲れを伴い自宅に帰り、「明日の天気は?」
なんて鼻唄交じりでテレビをつけたら選挙のネタ。つい見入っているうちに、段々
ムカついてきた。

 「全ては出来レースでしょ!」

アベ君が解散したのも、ユリコさんが野党を骨抜きにして、元彼のところに手土産
持参で戻りたがってるのも。それに気づかぬマエハラ君やリベラル君やレンゴウお
じさんたちは、今更だまされたなんて大騒ぎして。こんな芝居子供でも分かると言
いたい。大体リベラル君なんかはかつての大野党を潰した張本人たちなんだから、
今になって我が身に返ってきただけ。
一方、マツイの兄貴は凄んでばっかりで皆から相手にされてないし、ソウカおばち
ゃんに至っては、どちらにくっつくが得なのか常に顔色伺っているし。それにシャ
ミン・キョウサンの双子ちゃんは時代の流れも読めずに、マニア受け狙いばかり。

野党の一部で安倍政権を倒すために手を組もうなんて言ってるけど、その裏で行わ
れているところを深読みしないと、結局のところ、護憲派は気付かぬうちに消えて
行って、反米自立の超保守と親米追従の似非保守だけになりそうな気がする。
安倍政権云々というより、左右のバランスを欠いたまま、不穏な世界情勢という大
海原に日本丸が浮かれ調子でこぎ出そうとしているところが恐ろしい。

でも希望は捨てちゃいない。何か新しい動きがきっと出てくる。
それは私が期待してきた左陣営(革新という言葉は使いたくない)よりも、保守陣
営から出てきそうな気がする。それも、半世紀以上この国を支えてきた政権与党に
それが残っている事を期待して…。
[PR]
by ut9atbun61 | 2017-10-01 23:01 | Comments(0)

戦争の暗部を考える

毎年8月15日を迎え、戦争特集をテレビで観る。
私らは歴史教育を散々叩き込まれた世代。結構リアルな感情を持つ。
しかし日本が昔戦争をしたという事実を知らない世代が増えてきている。
子ども達にも話しかけてはみるが、まだ遠いお伽話の世界だ。
うちの母親は満州で生まれ育ったため、色々体験談を聞かされてきた。
戦争で日本が中国の中に創り上げた国家“満州”。五族共和という理想と傀儡
政権。マンテツにイシハラやらアマカスの数々の陰謀。暗い歴史ながらも何
か惹きつけられるものがあった。
私はいつの間にか“満州”という不思議な「国家」に興味を示して、色んな本
を読んできた。

ところが、先日観た『告白ー満蒙開拓団の女たち』に衝撃を受けた。
満州に移り住んだ岐阜の黒川集落の人々(当時は全国中集落ごとに開拓団と
して満州に移住していたようだ)の想像を絶する苦難の告白。
1945年8月9日にソ連が条約を破って満州に侵攻。日本は程なく敗戦を迎え、
それまで虐げられてきた地元中国人が頻繁に襲撃してくるようになった。
当時その地域を守備してた関東軍は真っ先に撤退して、残されたのは一般民。
そこで多くの開拓村は集団自決を選んだのだが、黒川開拓団は生き延びて日
本へ帰る希望を持った。まず中国人から守ってもらうため、ソ連軍に助けを
求め、事なきを得た。ところが、今度はソ連軍が見返りを要求。開拓団のメ
ンバーは辛い決断をする。17歳以上の未婚女性を“接待”させる事にしたのだ。
女性たちの中には真相も知らずに接待所に連れていかれて、毎晩幾人ものソ
連兵を“接待”したという。病気にかかり亡くなった者もいたが、そのお陰で
無事に日本に引き揚げることができたそうだ。
ところが、それからも苦難は待っていた。黒川開拓団の人々は皆、口を閉ざ
していたが、日本でその噂は広まっており、故郷に帰ってから差別を受けた。
結婚や実家で生活することすらままならなくなって、山奥でひっそり暮らす
人も出てきた。
そうして、最近その女性たちが、ようやく重い口を開き始めた。
「理屈ではない、生きて帰るためだった。」
「あれは難関の一瞬のことだった。今が幸せに生きているからよし。」
気丈に振る舞う年老いた女性たちに、決して恥ずかしさや哀れみ、恨みを感
じない。ただただ、戦争の悲惨さを後世に伝えていきたいという信念のみ。
彼女を前にしたら、満州国の理想なんて吹っ飛んでしまう。私の中の薄っぺ
らい興味も全て吹き飛んでしまった…。

外交問題としての従軍慰安婦問題に私はとやかく言うつもりはないが、一人
の女性に対して、「強制でなく、金稼ぎで自ら進んで慰安婦になった」なん
て第三者が平然と語る資格があるのだろうか?と強い疑問を持ってしまう。

戦争というのはただ生き残った、死んだ、というシンプルな思考では片付け
られない。強者は逃げて、弱者が苦しむという最悪の構図が待っているだけ。
「戦争なんてもう起きない」だとか「時代は変わったから大丈夫」なんて言
って忘却の彼方に葬り去るのではなく、常に身近なところに戦争の芽はある
と思わなければいけないと思う。

始めにも書いたように、私達世代は半ば押付反戦論だったような気がする。
それがいいか悪いかは人によるだろうが、その反動が今の右傾化現象なのか
もしれない。
これから子供達には、しっかり自分たちの頭で考えてもらえるような材料を
提供していきたい。
[PR]
by ut9atbun61 | 2017-08-15 23:18 | Comments(0)

啞蟬坊先生

東京から島根に移って、唯一残念に思う事。
ブラウン管に映るような有名人はたまにやってくるんだけど、こんなマニアック
なイベントは決して此処では行われない。

東京でやるんだってさ! 鎌田さんが啞蟬坊を語って、大工さんが啞蟬坊を唄う。
そしておそらく、呑んだくれた渡さんが、これを何処かで聴いているに違いない。

行きたい 行きたい! 行きたいってば‼
この頃は、おくがの稲刈真っ最中。私が忽然と姿を消したら?…と、つい末恐ろ
しい想像をしてしまった。

f0237818_22242746.jpg


どうやら出版記念イベントらしい。
『軟骨的抵抗者 演歌の祖・添田啞蟬坊を語る』
うん、言い得て妙だ。勿論購入するつもり。 
[PR]
by ut9atbun61 | 2017-08-13 22:35 | Comments(0)

時事ネタをひとつ

 共謀罪という法律が可決されるという。
国会内では賛成可決、国会外では反対運動。そこに色んな思惑が交錯し、裏で蠢く
ものがあり、お坊ちゃま総理のお陰で色んな意味で大変な世の中になっていくな…
と思う。
そうは思うが、ついめんどくさくなって、ええぃ、ままよ!という気分になる。

そんな時、小林よしのり氏の発言に背中を押される。
彼の考えは、かなり荒っぽくて、品が無いものの、凄く的を得てる。
絶対的正義とまやかし的正義を毛嫌いし、超現実的に物事を捉えている。
政治的な立ち位置は異なるけど、薬害エイズの頃から常に一定の共感を持ってた。
一方で、煽り方が上手で現在のネトウヨを数多く生み出した張本人ともいわれて
るけど。


[共謀罪の強行採決は国柄破壊の犯罪である] 小林よしのり氏のブログより

与党は共謀罪を今日にも成立させるつもりらしい。とにかくタイムスケジュール通
りに強行採決したいだけで、議論など鼻からやる気はない。国会など意味がないの
である。
選挙で自公が勝った時点で、独裁が決まっているのであって、維新の会も自民の補
完勢力だから、どんな法案でも通る。大臣が分かってない法案でも通るのだから、
民主主義なんて単なる多数派の暴走でしかない。
加計学園も、刑法改正も、重要な問題なのだが、共謀罪はもっと深刻に日本の国柄
を変える悪法だと思う。公共性が狭まれば、文化も縮小するし、資本主義も委縮す
る。優先順位では、わしは共謀罪が一番マズいと考える。
安倍政権は極右と言われるが、天皇を軽んじ、共謀罪などで国柄破壊に邁進する姿
は、わしから見れば極左破壊勢力である。
公安警察は安倍晋三や周辺の者たちをこそ監視して、支援する一般人まで逮捕しな
ければならない。


もうこうなったら、勝手にやれ!だ。私はしがない百姓だから、怖いものない。
異議があれば何処でも誰でも突っかかっていく。そんな時共謀罪なんか関係ない。
共に企む相手もいなけりゃ、謀を巡らす頭脳も持ち合わせてないし。
後は食糧拵えて裏山に隠れてほとぼりが冷めるのを待つだけ…。
[PR]
by ut9atbun61 | 2017-06-14 23:12 | Comments(0)

キューバ行く末

フィデル・カストロ議長が亡くなったね。
独裁者・革命家、と世界の評価を2分してきた20世紀の大物指導者。
人それぞれ呼称は異なれど、彼は一貫して強気を挫き弱気を助ける人だった。
常に強大国アメリカと対峙し、第3世界諸国の頼れる兄貴分。
時に人権抑圧者になれば、時に庶民のヒーローにもなった。
私個人的には良い悪いはない。ただ大好きなだけ。

私の様な完全なる無責任キューバウオッチャーからすると、東西冷戦から東側
崩壊の中を生き抜いてきた孤国がとる手段は、カストロ氏の政策以外考えられ
なかったと思う。ましてや、苦しい経済状況の中で、医療・教育・有機農業に
力を注いだ所に、何とか21世紀まで社会主義が生きながらえる事が出来た。

かつて読んだ「民族という名の宗教」(なだいなだ著)で述べられてもいたが、
社会主義は欠陥があれども、多民族国家においては民族を上手にまとめる(と
いうか抑え込む?)一定の機能を有していた。東欧やリビアなど(ある意味イ
ラクも)が崩壊した後には民族間紛争が起こったのはまさにそれ。
しかし、結局は社会主義から徐々に脱却していかないと時代は進まない。
キューバという国家の意味を今後も大切にしていかなければならない。

正直言って、今後ラウル氏の舵取りがちょっと不安なのだけど、これも時代の
流れと達観するしかないのかもしれない。
それにしても近いうちキューバ行きてぇ!!
[PR]
by ut9atbun61 | 2016-11-27 23:41 | Comments(0)

満州思ふ

今日9月18日は満州事変が起こって85年だという。
かつての日本は中国に「満州国」という新しい国を作った。
『五族協和』という理想に燃えつつも、現実はかけ離れていた。
国の理想と民の幸せはなかなか合致しないモノ。
私の母も満州で生まれて、散々辛い目にあって引き揚げてきた身。
何とか運よく引き上げ船団に乗ったと思ったら、爆撃を受けて、自分が乗った船は
奇跡的に免れたという。そんな話を聞けば、私自身も向き合わざるを得ない。

あの時代の評価は現在においても様々だ。ただし死人に口無し…推し量るのみ。
後は生きている方々の断片をつなぎ合わせて全体像を掴まなければならない。
けれども85年という歳月は、人が死に、徐々に記憶が失われていく。
全体像をつかむのは困難な作業になる。それでいて、あやふやな記憶はゆっくりと
変化していくもの。決して意図的にばかりでない。だからこそ難しい。
自虐も美化もいけない。決して歴史を捻じ曲げてはならない。

今は中国とまともな対話が出来てない状態だから、この問題はしばらくの間、鍵を
掛けて歴史の箱に仕舞っておくしかない。そして1日も早く信頼関係を結んでから、
両者歩み寄った歴史検証をやるべきだと思う。
そうしなければ、私はいつまでたっても満州の幻影に踊らされて、一喜一憂しなけ
ればならないだろう。

私が満州の扉を叩いた書は、漫画『虹色のトロツキー』安彦良和
f0237818_2322165.jpg


  
[PR]
by ut9atbun61 | 2016-09-18 23:23 | Comments(0)

むのたけじ 哀悼 

伝説のジャーナリストむのたけじさん、101歳の大往生。
自由を追い求め、言葉を紡ぐという営みを最も大切にしてきた人だった。
私は、この方が大好きで大好きでしょうがなかった。
以前もブログの中で礼賛しまくっている。

「生物を飼わない農家は、農家じゃない。雑草の生えない農地は、農地じゃない。物言わぬ農民は、農民じゃない。歌を歌わぬ農民は、もっと農民じゃない。人が歌わなきゃ、土も歌わぬ。歌わぬ土に、良い成りものができるわけがない。」
私はこの詩が一番好きで、最近これを基に、唄を作ってみたところだった。

早速詞集『たいまつ』を読み返す。すると現代への遺言がちゃんと書いてあるじゃないか!
きんぺい君やらパクちゃんやらあべ君に是非聞かせてあげたい。

「陸・海・空の領有を主張して他国と対立している国々は、教師たちである。人間達を根元からダメにした根元の原因は、所有の欲望からきていることを教えつつある偉大な教師たちである。故にそれら諸国家には、身動きできない重さの巨大な勲章を与え、じっと座っていてもらわねばならぬ。一地球のものは地球に返せ。」(2000年頃の詩)

単に目くじらたててサヨク的言動を繰り返すわけではない。
痛烈なアイロニーで斬りすて御免てな訳。これぞ雑草ジャーナリスト魂。

「ボロを旗として一ものかね本位の世づくりは、心の柱を狂わせる。見つめればどれも砂の城。賑わう中身に何もない。…けれど、僕らは嘆かない。みのれぬ種子がみのらぬは、土はまともと物語る。土から出直す合言葉、ボロをかざしてよみがえる。夜明けに高くボロの旗。金ぴか言葉は二枚舌、ニシキノミハタはうそをつく。これまで一度も民衆に、幸せ運んだことがない。(中略)けれどぼくらはくじけない。いま民衆が巻き起こす、独立独歩、自主の風。達磨も立って歩き出す。さきがけてゆくボロの旗、世直し招くボロの旗。」

窮屈な時代と言われる昨今、こんな人があちこち出てきてほしい。
いや私も在野でむのさんのような生き方をしたい一人だ!
[PR]
by ut9atbun61 | 2016-08-21 22:14 | Comments(0)

処凛ちゃんが行く!

今や反貧困運動のカリスマになってる雨宮処凛さん。
彼女の文章が出てたので久しぶりに読んだ。マガジン9条「雨宮処凛が行く」
現在の私の唯一の自慢、処凛ちゃんとお友達だったんだよね!
彼女は昔からバリバリの左翼と思われてる方も多いだろうが、実は違う。
昔はゴリゴリの右翼だった。『民族の意思同盟』という超国家主義団体で、日の丸
掲げて特攻服をまとう姿は正直怖かった。
で、ひょんなことから左翼な私と出会って、一緒に朝鮮に行く事となり(ま、普通
じゃありえないわな)、意気投合して彼女の『維新赤誠塾』に加入。反米愛国民族
派パンクバンドという訳のわからないままにギターを弾いた。
その中で私は随分と相反する思想に影響を受けた。左から右に揺れて丁度収まりの
いいところに止まったと(自分では)思う。彼女は様々な立場の人と話すうちに右
から左へと急旋回した。これは決して世にいう転向というものではない。
右翼を名乗ってた頃の彼女の言葉は、常に「幻の天皇陛下、幻の日本」という心の
拠り所求めるものだった。しかし今の彼女の言葉は、社会からこぼれ落ちそうな人
たちに寄り添っている。だから私はハッとさせられるし、共感を覚えるのだ。そし
て何よりも陳腐なきれいごとは語らない。
ただ彼女は昔も今も変わらないところがひとつある。
幾つになっても夢を熱く語る純粋な少女かな…。


[PR]
by ut9atbun61 | 2016-08-07 22:40 | Comments(0)

変な野球談議

我が家の子供たちは今プロ野球に熱中。
長男の誕生日を前にして、たまには父親としての自覚を発露しようと思い、「何が
欲しいか」と聞いたところ、「ホークスかオリオンズの帽子」だと。「ああ、ソフ
トバンクか千葉ロッテの事だろう?」と聞き返すと、「いや、南海ホークスかロッ
テオリオンズだよ」と言う。
今どき珍しいと面白がって、早速ヤフオクで探し、安価なブツを手に入れる。
ついでに次男熱望の阪神タイガースものも。帽子と応援ユニフォーム。
(予備に東京日ハム優勝時の帽子も仕入れる事に)。

2人は大喜びで何やら試合の真似事を始める。耳をそばだてると、「じゃ、おらバ
ース掛布岡田のクリーンナップ!」「おいらね、ほんとはリー兄弟と落合がいいん
だけど、南海だから…門田、景浦と、まさかの雅!」
マニアック過ぎてつい吹き出してしまった。
親父の少年時代のプロ野球雑誌&漫画をひっぱり出してきて研究しているっぽい。
「じゃ、今日のピッチャーはバッキー対スタンカの対決じゃ!」
「???」私の記憶映像にない選手の名前が…。何かモノクロの匂いがしてきた。
奴らどっから情報を仕入れてきたのか。

それから毎日学校に帽子を被って行く2人。タイガースっ子は皆からワイワイ言わ
れてるそうだ。片や南海坊やは誰も触ってこないという。
唯一、校長先生ひとり「南海ホークスかぁ」としみじみと漏らしていたとか。
f0237818_21524910.jpg

[PR]
by ut9atbun61 | 2016-06-17 21:56 | Comments(0)