おくがの村30周年記念イベント

10月28日おくがの村法人設立30周年記念イベントが開催された。
私は20周年、25周年と携わってきて、だいぶ流れが分かってきた。

1部は歴史を振り返ってリレートーク、未来を語るパネルディスカッション。
f0237818_20351458.jpg

残念ながら私はゆっくりと聴くことができず、あたふたと走り回っていた。

というのも、2部の交流会を完全に任されたからだ。
楽しみ2割面倒臭さ8割。その2割を充実させるために、子供をだしに使った。
おくがのリズムセクションのミニライブの後、子供たちを引っ張り出して「
里の秋」と「ふるさと」の合唱。まず大人の心を軽く掴む。
f0237818_211190.jpg


それから一呼吸おいて、研修生K&子供たちでミニ劇場を開演。
30年前の法人設立メンバーのうち、鬼籍に入ったおっさん達と研修生Kとの夢
の中での交流を仕立ててみた。
f0237818_2185477.jpg

練習の時は、ふざけてばかりで全く様になってなかったが、本番は違った。
気が入ってみんな本気&楽しげに演じている。またそれがそっくり。
まるで天上のおっさん達が乗り移ったかのよう。
f0237818_21305471.jpg

10数年前まで一緒に作業してきた、ひとくせもふたくせもある(今は亡き)
おっさんらを、10年前まだこの世に生を受けてない子供たちは当然知らない。
観ていてちょっと怖いぐらいだった。
そしてそれを食い入るように見て喜んでくれた法人メンバーのじじばばの姿を
見ていると、つながってる感が半端なく、泣きそうになってきた。
キザだけど、人が作っている歴史を身近に感じる瞬間ってこんな時なんだろうか。
大変だったけど良い大会になった!
[PR]
by ut9atbun61 | 2017-10-31 21:31 | 田舎 | Comments(0)
<< 30周年に水を差す おくがの村30周年前夜 >>