戦争の暗部を考える

毎年8月15日を迎え、戦争特集をテレビで観る。
私らは歴史教育を散々叩き込まれた世代。結構リアルな感情を持つ。
しかし日本が昔戦争をしたという事実を知らない世代が増えてきている。
子ども達にも話しかけてはみるが、まだ遠いお伽話の世界だ。
うちの母親は満州で生まれ育ったため、色々体験談を聞かされてきた。
戦争で日本が中国の中に創り上げた国家“満州”。五族共和という理想と傀儡
政権。マンテツにイシハラやらアマカスの数々の陰謀。暗い歴史ながらも何
か惹きつけられるものがあった。
私はいつの間にか“満州”という不思議な「国家」に興味を示して、色んな本
を読んできた。

ところが、先日観た『告白ー満蒙開拓団の女たち』に衝撃を受けた。
満州に移り住んだ岐阜の黒川集落の人々(当時は全国中集落ごとに開拓団と
して満州に移住していたようだ)の想像を絶する苦難の告白。
1945年8月9日にソ連が条約を破って満州に侵攻。日本は程なく敗戦を迎え、
それまで虐げられてきた地元中国人が頻繁に襲撃してくるようになった。
当時その地域を守備してた関東軍は真っ先に撤退して、残されたのは一般民。
そこで多くの開拓村は集団自決を選んだのだが、黒川開拓団は生き延びて日
本へ帰る希望を持った。まず中国人から守ってもらうため、ソ連軍に助けを
求め、事なきを得た。ところが、今度はソ連軍が見返りを要求。開拓団のメ
ンバーは辛い決断をする。17歳以上の未婚女性を“接待”させる事にしたのだ。
女性たちの中には真相も知らずに接待所に連れていかれて、毎晩幾人ものソ
連兵を“接待”したという。病気にかかり亡くなった者もいたが、そのお陰で
無事に日本に引き揚げることができたそうだ。
ところが、それからも苦難は待っていた。黒川開拓団の人々は皆、口を閉ざ
していたが、日本でその噂は広まっており、故郷に帰ってから差別を受けた。
結婚や実家で生活することすらままならなくなって、山奥でひっそり暮らす
人も出てきた。
そうして、最近その女性たちが、ようやく重い口を開き始めた。
「理屈ではない、生きて帰るためだった。」
「あれは難関の一瞬のことだった。今が幸せに生きているからよし。」
気丈に振る舞う年老いた女性たちに、決して恥ずかしさや哀れみ、恨みを感
じない。ただただ、戦争の悲惨さを後世に伝えていきたいという信念のみ。
彼女を前にしたら、満州国の理想なんて吹っ飛んでしまう。私の中の薄っぺ
らい興味も全て吹き飛んでしまった…。

外交問題としての従軍慰安婦問題に私はとやかく言うつもりはないが、一人
の女性に対して、「強制でなく、金稼ぎで自ら進んで慰安婦になった」なん
て第三者が平然と語る資格があるのだろうか?と強い疑問を持ってしまう。

戦争というのはただ生き残った、死んだ、というシンプルな思考では片付け
られない。強者は逃げて、弱者が苦しむという最悪の構図が待っているだけ。
「戦争なんてもう起きない」だとか「時代は変わったから大丈夫」なんて言
って忘却の彼方に葬り去るのではなく、常に身近なところに戦争の芽はある
と思わなければいけないと思う。

始めにも書いたように、私達世代は半ば押付反戦論だったような気がする。
それがいいか悪いかは人によるだろうが、その反動が今の右傾化現象なのか
もしれない。
これから子供達には、しっかり自分たちの頭で考えてもらえるような材料を
提供していきたい。
[PR]
by ut9atbun61 | 2017-08-15 23:18 | Comments(0)
<< 10月の愉しみ方 啞蟬坊先生 >>