我が家の裏山は現在殆どが杉林。
私は2,3年前から、山の有効活用を考えている。
山本来の役割(動植物の多様性や保水力)と経済効果(山でちょっと儲け)。
第一段として、昨年ラズベリーやサクランボを植え付けた。
そして今年は、榊(さかき)生産組合に加入。榊を山に植えようと思っている。

昨日、日原商人集落で研修会が開かれた。
f0237818_21153452.jpg

榊とは、神事に用いられる木。需要はそこそこあるが、生産者の高齢化が進んでいる。
商人の生産者は、様々な工夫をしながら高品質な榊にこだわっている。
市場でも高く評価されているのがその証。
f0237818_21231469.jpg

f0237818_21205720.jpg

今年挿し木をやって、2年後に苗木を作り、それを植え付けて、実際自身で出荷出来る
ようになるまで7,8年。気の遠くなるような話の様だが、自然界の時間の尺度では僅か。
唯一つ気になるのが、病気や虫害に対して農薬防除を奨励している事。
「無農薬でも出来ん事は無いよ」という一人の生産者の言を頼りに、何とかやってやろうと
思っている。
[PR]
by ut9atbun61 | 2012-06-13 21:29 | 農業(有機) | Comments(4)
Commented at 2012-06-13 23:33 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2012-06-13 23:35 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ut9atbun61 at 2012-06-16 20:52
いやいや懐かしくてびっくりです。先日もYさんから突然連絡があって、今夏同窓会なんて話がある様なのでその時にゆっくり話しましょう。
Commented at 2015-09-04 19:49 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< 旅紀行 2012 vol.7 たまたま通信 ~卵の災難~ >>